美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

くらみつは。



クラミツハ - Wikipedia

クラミツハとは、日本神話に登場する神である。
『古事記』では闇御津羽神、『日本書紀』では闇罔象神と表記する。

日本神話では、神産みにおいて、伊邪那岐命が火之迦具土神を斬り殺した際に生まれたとしている。
『古事記』及び『日本書紀』の一書では、迦具土神を斬った御刀の柄に溜まった血が、指の間から漏れ出て、闇淤加美神(くらおかみのかみ)とともに闇御津羽神が生まれ、『日本書紀』の一書では軻遇突智命を斬って生じた三柱の神のうちの一柱が高龗神(たかおかみのかみ)であるとしている。
また、別の一書では闇山祇(くらやまつみ)を加えた三柱神が生まれている。

「くらみつは」という神様がいます。

北九州市小倉北区片野1丁目 角神社 - 美風庵だより (hatenadiary.jp)

先日、角神社というお宮さんを訪問したさい、非常にめずらしいご祭神だと指摘がありました。

北九州市小倉北区上到津1丁目 到津八幡神社 - 美風庵だより (hatenadiary.jp)

北九州市小倉南区母原 東大野八幡神社 - 美風庵だより (hatenadiary.jp)

すでに公開済みの神社だとこの2社も該当します。どちらも地域を代表するでかい神社です。

この神様、北九州市小倉北区・小倉南区、そしてほぼ未訪問の福岡県直方市・鞍手郡に偏在しています。

ん……涼しくなったら今度のテーマはこれにするか……。