美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

確定申告

いまの仕事場の源泉徴収票が交付されたので、eTaxで確定申告をしました。
前年度は追い出された仕事場、個人事務所、いまの仕事場と源泉だけで3枚あるうえに、FXに株に報酬にといろいろあって、入力項目がやたら多く面倒でした。
今回は、かなりすっきりしています。
以前は還付金もって知り合いの女性達を誘って焼肉に行ったりしていたのですが、疎遠になりすぎてなかなか声もかけづらい状況ですしね……。
とりあえず還付金が入金されたら、通帳にそのままいれておこうと思います。
しかし、それにしてもおかねがないというのはつらいですね……。

御線香

f:id:bifum:20190105131334j:plain

赤貧の手元にある御線香を並べてみました。
画像でいちばん右側にあるのが「富嶽」というもので、当時の売価はなんと20万でした。いちど終売となり、現在は後継品がでています。赤貧が購入した当時からこの商品は赤字だったらしいので、同じ値段でも、おそらくこれと同じ品質のものではないでしょう。
香りは華やかさもありながら厳しさが感じられます。甘ったるさが高級の証だと思っているむきには、ほんとうに原料を極めると、ここまで寒気すらあるほど厳粛な雰囲気がただようことに驚きをおぼえるでしょう。
その左側の「荷葉」は、「富嶽」とあわせて終売となったとき、あわててひとつ買い求めたものです。「富嶽」よりもだいぶ明るい華やいだ雰囲気があります。一般的な意味での高級感は、こちらのほうが上です。
大観や金剛は、この日記でもときおりとりあげています。このクラスが高級な日常品、クルマならクラウンあたりになるでしょう。
大観には以前「特選」伽羅大観と名がつくものがありました。ここからいきなり香りの系統が変わります。いったん高級線香が終売となったあと、「桃山」と銘する商品が登場しました。赤貧はまだ試していませんが、おそらく値段からみて、「特選」の後継品だろうと思われます。「特選」の香りを試したければ、同じ日本香堂グループの天薫堂から「薫琳」という商品名で出ているものが香りは近いので、試してみることをお勧めします。
ついでに言えば、この「特選」「薫琳」の香りをより上質の原料で磨きぬいていったのが、もっとお値段のよい線香の基本路線です。逆に言えば、練香をほうふつとさせる人工原料に頼らない香りを良いと感じることができるかどうかが、大観よりも高い商品に手を出してみるかどうかの分かれ目と言えます。いまはどうか判りませんが、赤貧が若いころは、メーカーも香りは試させるものとよく判っていたので、店頭などで匂いをかがせてくれました。とくに高額商品ほど、作った際の切れ端を準備してくれていたものです。いまになってみればなんと贅沢な時代だったかと思います。
あれがなければ、様々なメーカーを聞き比べて自分の好みを探すなんてことはできなかったでしょう。そういう意味では、はるかに豊かな時代だったといえます。
そして思うのは、若いころにこれがよい、と思ったものは、いつまでもそれが良い、と感じてしまうことです。やはり「三つ子の魂は百まで」なのだと痛感します。

楷行草 筆順・字体字典 第三版

楷行草 筆順・字体字典 第三版

楷行草 筆順・字体字典 第三版

 

 以前から所持していた字典が改訂されたので、博多バスターミナル紀伊国屋で買いなおしました。
内容も一部増えているらしいのですが、検索が格段にしやすくなりました。新字体旧字体を並べて併記するスタイルになり、巻末に音訓索引がついただけでも、文字のかきかたの手本として、ぐっと良くなっています。
いま、字のけいこでこの本にお世話になっているかたがおられましたら、書店でぜひ手にとってみてください。ただ、第2版や初版のように大活字版と通常版の併売ではなさそうなので、字が大きくないと困る、という向きは、しばらく出版社の様子見をして、購入を控えたほうがよさそうです。

かきむしる。

f:id:bifum:20190112080735j:plain

赤貧が使っているAppleWachのバンドは樹脂製です。どうしても蒸れてかゆくなります。先日、寝るときに外し忘れてしまいました。どこかでかきむしったのか、手首に赤い線がついています。早く良くなってくれないと格好悪いのですが……。