美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

うきは市吉井町桜井 老松神社(老松宮)


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200518170107j:plain
f:id:bifum:20200518170155j:plain

福岡県神社誌では菅公を祀るとされています。一歩下がって老松宮とされているため、この近隣に本社筋の天満宮があるか、元は別の神社だった可能性を考えるものです。

福岡県神社誌とゼンリンを確認すると、おなじ桜井地区には天満宮が2社あるようです。いずれかが本社筋にあたるのでしょう。時間があったら再訪して、調べたいと思います。

境内には猿田彦(山幸彦)の石碑と、えびす様(事代主)を祀る石祠がありました。

f:id:bifum:20200518195738j:plain

昭和23年(1948年)に米軍が撮影した航空写真を見ると、水神社(五霊社)とこの老松宮は川の合流地点をはさんで対向配置にあるのがわかります。これが何を意味していたのか……。
----------------------------------------
福岡県神社誌:中巻257頁
[社名(御祭神)]老松神社(菅原神)
[社格]村社
[住所]浮羽郡千年村大字櫻井字天神面
[境内社(御祭神)]記載なし。
----------------------------------------
(2020.05.18訪問)

うきは市吉井町桜井 水神社(長野水神社)


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200518164727j:plain

f:id:bifum:20200518165054j:plain
f:id:bifum:20200518165153j:plain

5月18日、杷木で所用がありお昼からお休みをいただきました。

目的をすませたあと、原鶴温泉の反対側にある長野水神社を初訪問しました。

長野水神社(五霊社) | うきは市観光ポータルサイト

f:id:bifum:20200518164751j:plain

ホームページなどをみると気づくのは別称が「五霊社」とされていることです。罔象女神(みずはのめ)がどこかに消えています。

神社の概要はうきは市のホームページや現地の案内板をお読みいただくとして、社地の広さにまず驚きます。ざっと3,000坪はあろうかという感じです。境内社はなく、拝殿・渡り・社殿と、社務所宮司宅があります。

あまりに「寺」の要素を排した、教科書に出てくるような神社建築なので福岡県神社誌を確認すると、なんと明治10年(1877年)3月の創立とあります。現地案内板には明治15年創立とありますから数年の誤差があり、どちらが正しいかはわかりかねるものの、おそらく最初は、公称の神社ではなく、あくまでも屋敷神などに近い私的な祭祀だったのでしょう。

もう少し想像で語ることを許されるなら、もともとここは「五霊社」と呼ばれる治水事業を先導した5人の偉人を祀る(私的な)お宮だったのです。それが明治34年(1901年)6月に公式な神社として認められるにあたり、罔象女神(みずはのめ)を御祭神に据えたのでしょう。地元の偉人では御祭神として届け出るわけにはいかなかった時代です。その翌年に2,500坪を買収して境内拡張工事に着工し、明治41年に新社殿が完成したさいにも、おそらくは罔象女神(みずはのめ)を祀る神社ではなく、5人の偉人が念頭にあったはずです。

f:id:bifum:20200518165351j:plain

有馬記念館

社殿や拝殿の瓦に「竜胆車紋」が打たれています。竜胆車紋は、言うまでもなく有馬家の家紋であり、おそらく5人に賜紋(皇室をはじめ格式の高い家から賜った紋)されたのでしょう。

三井郡大刀洗町冨多 大堰神社 - 美風庵だより

どうしても比べたくなるのが大堰神社です。大堰神社の場合は、まず天満宮であり、そこに水神社と地元の偉人を合祀して現在の姿になっているため、ここまで境内もすっきりしていません。境内社などに過去の痕跡をとどめています。似たような神社でも、違いがあってなかなか面白いものです。
----------------------------------------
福岡県神社誌:中巻212頁
[社名(御祭神)]水神社(彌都波能賣神、栗林次兵衛、山下助左衛門、本松平右衛門、重富平左衛門、猪山作之丞)
[社格]郷社
[住所]浮羽郡千年村大字櫻井字戸井掛
[境内社(御祭神)]記載なし。
----------------------------------------
(2020.05.18訪問)

8月5日の日録

【本日の所持金:35,789円】

生活困窮者です。

先日2日、町内会の臨時総会が行われました。

ある役員の方が発熱で欠席されたのですが、久留米市内の病院でCTと血液検査をうけ、結果、風邪と判定されたとのことでした。PCR検査までは不要とのことで、とりあえずひと安心といったところでしょうか。

コロナが流行しはじめて以降、けっこうな頻度で「身近でPCR検査を受けた者が登場した時点で、職場に報告しなければならない」といった話を聞きます。どうも官民問わず人事担当者が参考にしているマニュアルがあるようで、このあたりの対応は(よほどの零細企業でもないかぎり)横並びです。これ、実際の運用としては考えもので、今のように「り患したら袋叩きにあう」風潮があると、従業員は可能なかぎり申告対象を狭めようとします。濃厚接触者の範囲も曲者で、内縁・愛人・その他触れられたくない人間関係を申告する者はいないでしょうから、きつく締めれば締めるほど、非公然ルートは闇に潜ってしまいます。

甘木が田舎だからというだけではないのでしょうが、某企業では、従業員が検査を受けたら、店長の監督責任を問う、という経営者が居て、驚きました。それを声高に言えば、誰がまともに申告するでしょうか。ぎりぎりまで市販の風邪薬と解熱剤をのんで、踏ん張ってしまいかねません。
自粛要請で経済活動を停止させた結果、上場企業から零細企業に至るまで経営はガタガタになってしまっています。税収が減りますから、歳入欠陥で翌年以降、国や地公体が死に、官民ぜんぶが転落していくなんてことに、ならなければよいのですが……。

 

  ○

 

f:id:bifum:20200805183719p:plain

純金積立なら三菱マテリアル GOLDPARK(ゴールドパーク) 三菱の金

今日も貴金属価格が高騰しています。生活困窮者は1993年に三菱マテリアルの純金積立をはじめました。ただ、2008年にマンションを買ったときにぜんぶいったん売り払い頭金にしたので、いま保有している資産は、それ以降に再度積立し直したものです。

黙っていても資産が増えるならよいではないかと思われる向きもあるかもしれません。しかし、その考えは危険です。現在の金価格の高騰は、コロナ不況に対応して各国が通貨供給量を増やしまくった結果(もしくは、増やしまくる予想)に基づいて、インフレに強い資産として貴金属を金持ちが買いまくっていることによるものという指摘があります。これが本当なら、いずれ暴落です。
暴落すれば、日々の積立額で買える量が増える点は有利だし、このまま高騰してくれれば、もっと資金を増やすこともできるかもしれません。どちらに転んでも損得両面あるわけで、非常に悩ましいところです。

可能であれば、生活困窮者が年金生活になってから、どんどん高騰してくれればよかったのですが……。

 

  ○

 

tower.jp

数日逡巡した結果、ノイマンチェコフィルマーラー全集を注文しました。
前回の朝比奈さんのベートーヴェン全集は、よく考えずに操作してしまったため、福岡・天神のタワーレコードまで受け取りに行かなければならなくなってしまいましたが、今回はコンビニ受け取りにしました。

マーラーの「悲劇的」を熱心に聴いていたのは、もう20年近く前だったでしょうか。
第1楽章の最後を、ゆったりと構えてくれる演奏が好きで、ノイマンの録音をほんとうによく聴いていたものです。その後、朝比奈さんと大フィルの録音が2種類登場し、これもまた素晴らしいものでした。いまの演奏のほうが、音そのものはきれいになったのですが、どうもせせこましく感じます。たんに、若いころに刷り込まれたものから、人生の先が見えてきたこの齢になっても拘束されているだけなのかもしれませんが。

うきは市吉井町長栖 八幡宮(今泉八幡宮)


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200517082349j:plain
f:id:bifum:20200517082459j:plain

福岡県神社誌では天承年間(1131年~1132年)に宇佐大宮司家の裁可により創建されたとあります。どうやらこの一帯は、宇佐神宮領だったようなのです。

現地を訪問すると摂社末社が見当たりません。これは、この神社に八幡宮となる以前の姿がなかったとみるのが自然で、宇佐神宮領の出先としてつくられた神社と素直に受け取ってよさそうです。

f:id:bifum:20200517082645j:plain

「国武」さんの名字の由来、語源、分布。 - 日本姓氏語源辞典・人名力

現地で絵馬や扁額を眺めていて、驚くほど「国武」姓が多いのに気づきました。国武氏は八女市国武発祥とも、八女郡広川町発祥ともされる氏族とのことで、南北朝時代懐良親王(1329年~1383年)から星野氏の一党が賜った姓という話もあります。

……南北朝?この神社が出来たのは天承年間では?

どうも、いまの姿からはうかがい知れない古層があるのかもしれません。この地域のほかの神社を巡っているうちに、なにか見えてくるのかもしれません……。
----------------------------------------
福岡県神社誌:中巻243頁
[社名(御祭神)]八幡宮応神天皇
[社格]村社
[住所]浮羽郡船越村大字長栖字西内畑
[境内社(御祭神)]記載なし。
----------------------------------------
(2020.05.17訪問)

8月4日の日録

【本日の所持金:35,789円】

生活困窮者です。

本日は、昼からお休みをいただき、街路灯をLEDに交換する工事の下見に立ち会いました。町内会管理分とマンションの管理組合管理分で合わせて30本弱あります。地図を見るまで「そがんあったか?」という気分です。自転車をこぐときのかっこうに着替えて、自転車を押したりゆっくりこぎながら、下見に同行します。

f:id:bifum:20200804191028p:plain

下見終了後、猛暑のなか、そのまま「神社めぐり」を行いました。10kmくらいのかるい運動です。

途中でダイレックスとホームセンターに立ち寄り、1時間ほどで帰宅しました。すっかり身体中が汗まみれだったので、着ていたものを洗濯して、風呂場に干します。

冷房にかかりつつ18時ごろに起きだして、風呂場に干していた洗濯物をたしかめると、なんとほぼ乾いています。猛暑ですね……。19時になり冷房を切りましたが、なんと28度もあります。これはつらいですね……。

秋山和慶のブラームス・ツィクルスIV - 交響曲第4番 - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

Brahms: Symphony No. 2 in D Major, Op. 73 & Tragic Overture, Op. 81 (Live)

Brahms: Symphony No. 2 in D Major, Op. 73 & Tragic Overture, Op. 81 (Live)

  • 発売日: 2018/08/17
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

秋山さんのブラームスを聴きながら、この日記を書いて、ふたたび就寝しました。