美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

鷹尾神社と聖母宮と玉垂神社(1)

邪馬台国がどこにあったかについては諸説あります。そのひとつに、むかしの山門郡だったのではないか、というものがあります。いまでは、柳川市みやま市にわかれてしまい山門郡という郡名はなくなってしまいました。
山門郡旧瀬高町に、九州王朝説を支持する研究家が重視する玉垂神社があります。
19日、思いきって行ってみることにしました。ほとんどが初めて出向く場所ですから、車で行くとえらい目にあいます。朝7時過ぎに甘木駅から西鉄電車に乗って、現地に向かうことにしました。

goo.gl

f:id:bifum:20190519094300j:plain
f:id:bifum:20190519094354j:plain

途中、花畑駅から柳川駅まで特急を利用し、西鉄中島駅で下車します。北に県道を10分ほど歩くと、以前にもこの日記で紹介したお稲荷さんと白峰神社と玉垂宮が見えてきました。

f:id:bifum:20190519094709j:plain
f:id:bifum:20190519094532j:plain
f:id:bifum:20190519094727j:plain
f:id:bifum:20190519094730j:plain

玉垂宮めぐりをするようになるまで、筑豊で社殿に覆屋(鞘殿)が掛けられている形式をまず見たことがなかったので、初めてここを訪れたとき、びっくりしたのをおぼえています。

f:id:bifum:20190519094819j:plain
f:id:bifum:20190519094611j:plain

拝殿のなかには古びた太鼓があります。

背後から見ると、頑丈な覆屋で保護されているのがよくわかります。赤貧の知る範囲だと、旧筑前国でこのような覆屋がかかっているのは、筑紫野市吉木の高良神社だけです。筑後に異常に多いのには、やはりなにか理由があるのだと思われます。

goo.gl

f:id:bifum:20190519095104j:plain
f:id:bifum:20190519095111j:plain

さらに数分歩いたところに、鷹尾城跡の案内板があります。この地域一帯に平城が築かれていたようです。

f:id:bifum:20190519095133j:plain
f:id:bifum:20190519095248j:plain

googleマップでは安房神社のみ表示されていますが、実際には二殿神社と合築されてお祀りされています。扉は開くことができ、手を合わせながらなかをのぞきこむと、御神体と思われる木像や石仏が並んでいました。ヒサカキがお供えされていて、線香立てもありました。横にお地蔵さんもあって、玉垂宮と違う、地元のかたの信仰の拠点となっています。

それにしてもここまで神社めぐりをしてみて気づいたのですが、ひとつも賽銭箱をみていません。珍しいことです。

(つづく)

高菜ラーメン

サンポー食品 高菜ラーメン 103g×12個

サンポー食品 高菜ラーメン 103g×12個

 

 近所のダイレックスで82円から88円くらいでいつも売っています。時々購入してお昼や夜食にいただきます。サンポー食品というと焼豚ラーメンが有名ですが、こちらのほうが辛子高菜のアクセントがきいて、赤貧的には好みです。いつごろからある商品なのかと思って調べてみると、1985年発売とのこと。
高菜ラーメンはマルタイにも同様の商品があります。マルタイに比べるとサンポーは胡椒がきいているのが特徴です。豚骨感をつよく感じるのがマルタイ、豚骨感は比較的薄めでも胡椒がきいてつい全部呑んでしまうのがサンポーといった感じです。
マルタイと比較して高菜の量と麺の量が多いのもサンポーの特徴といえます。「元祖豚骨ラーメン」のスープに辛子高菜から出た味が溶け合った胡椒と唐辛子がきいたスープと、細い油揚げ麺の対比も面白く感じます。マルタイのほうは、これよりもはるかにラーメン感を残していて、踏み外しがありません。九州にお住まいで両方買える環境にあるひとは、ぜひ、2つ作っていっしょに食べてみると、赤貧のいう違いがよくわかると思います。

田中絹代ぶんか館

goo.gl

f:id:bifum:20190516134528j:plain

16日、末廣稲荷を訪ねたあと、そこから徒歩数分で「田中絹代ぶんか館」というところがあるのに気づいたので、入ってみることにしました。
 
赤貧は、田中絹代さんについての知識はほとんどありません。

f:id:bifum:20190513063444j:plain
f:id:bifum:20190513063516j:plain

1992年に音楽之友社から出版された「伊福部昭の宇宙」というアンソロジーがあります。まだ天神コア紀伊国屋書店があったころに買い求めたもので、赤貧が伊福部昭さんについて知るきっかけとなった、大事な本です。複数の著者が、芸術音楽、教育者、映画音楽といった様々な面からの批評を書き、まとめたもので、そのなかに「サンダカン八番娼館 望郷」という映画作品の紹介があります。ここに「往年の大女優田中絹代」と書かれていたので「田中絹代というひとは往年の大女優らしい」と記憶したのが、最初です。
その後赤貧も齢をかさね、むかしの映画を観る機会にも何度か恵まれました。そのころになってやっと「むかしこういうひとがいた」と気づいたくらいです。

いまはyoutubeという便利なものがあるので往年の大女優の活躍も簡単にさわりを知ることができます。「西鶴一代女」を観ると、そのすごさがわかります。

「純米酒を極める」

純米酒を極める (光文社知恵の森文庫)

純米酒を極める (光文社知恵の森文庫)

 

 2011年に初版の本です。先日紹介した「純米酒 匠の技と伝統」とかぶっている内容も多いため、2冊買うともったいない気もします。先日の「匠の技」は、酒造技術者向けの内容で、こちらは飲む側にたいする啓蒙書だと思えばよいでしょう。

赤貧がまだお酒にこだわりをもっていたのは2000年ごろだったかと思います。その後、日本酒よりもウィスキーにながれ、いまはほとんど口にしません。ここに書かれていることも或る意味では常識となりました。むろん、逆に彼が唾棄していた新技術もまた隆盛をきわめてはいるのですが。

ただ、糖質ゼロの日本酒といった誰が好んで呑むのかわからないものが商品化され、それがいまだに生きながらえている現状をみると、この先生がかんがえているよりもずっと、多くのひとにとって日本酒もまた「アルコール飲料」にしか過ぎなくなっていたという気が強くします。酔えればよい、という時代に、旨み、ふくらみ、味わいを求める酒造りは片隅においやられた感もあります。

しかし、誰でも気づくことですが、ちゃんと作った日本酒は悪酔いしません。その文化を日本に根付かせることができたことが、彼の起こした運動の成果です。こういうのを読むと、また日本酒に戻りたくなるんですよね……どうしたものでしょうか。

カンロ飴

f:id:bifum:20190517222253j:plain

www.nttcom.co.jpいただいたので久しぶりにカンロ飴をなめてみました。
子供のころ、赤貧はカンロ飴が苦手でした。妙なコクが飴をなめている感じがせず、甘いのか辛いのかがよくわからず混乱するので敬遠していました。
パッケージがいつのまにか「Kanro」と大きく書かれたものから変更されています。調べてみると2018年に変更されていたようです。それすら知りませんでした。
「柄が変わって甘くなった」と、いただいた相手のかたがおっしゃっていましたが、なめてみるとたしかにむかし覚えていた味と変わっています。なにが違うかと調べると、アミノ酸添加をやめたとのこと。あの妙なコクは、化学調味料だったのですね……。
すっきりしていて、はるかになめやすくなりました。これなら自分で買っても良いかな、という気がします。ただ、これだけわかりやすい変化なら、古くからなめつづけている客はもっとわかるわけで、いろいろ指摘もあるのではないかな?という気もします。