美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

山口県下関市長府宮の内町 忌宮神社 再訪


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200621094702j:plain

忌宮神社

6月21日、所用で小倉に行きました。
そのまま、下関市長府の忌宮神社に足を伸ばします。

基本的な事柄については過去の記事や上記の「玄松子の記憶」をお読みいただくとして、今回、あらためて記事として取り上げたのは、本殿の両脇に若宮社と高良社がある社殿の構成にいまさらながら気づいたからでした。
高良社の御祭神は地主大神武内宿禰とされています。これが高良玉垂命を隠すための工作であることは、この日記をお読みのかたなら、すぐに勘づくはずです。そして「玄松子の記憶」にあるとおり、高良社に地主大神が祀られているということは、足仲彦も神功皇后も玉垂命も「地主」ではないのです。この地をもともと統治していたのは誰だったのか……。

さらに本殿をはさんで反対に若宮社があり、こちらの御祭神は仁徳天皇とされています。神功皇后という后を挟んで、旦那と子供が祀られているのです。

ここは聖母宮としての性格と、玉垂宮としての性格の両方を兼ね備えた存在が基本形だったことになります。これだけ何回も来ていていまごろ書くか、という話ではあるのですが、足仲彦(仲哀天皇)の拠点という点ばかりに目が行き、この神社の性格を見誤っていたというほかありません。
「忌宮」と「斎宮」は同義であると神社の由来が書かれた案内板にあります。
-------------------------------------------------

忌宮神社 - Wikipedia

仲哀天皇8年(199年)に天照大神住吉三神による託宣を疑ったため筑紫の香椎で亡くなった仲哀天皇を、神功皇后三韓征伐からの帰途、豊浦宮の跡に祀ったのに始まると伝える。聖武天皇の時代に神功皇后応神天皇を奉斎して、仲哀天皇を祀る神殿を「豊浦宮」、神功皇后を祀る神殿を「忌宮」、応神天皇を祀る神殿を「豊明宮」と称し、三殿別立となっていた。中世に、火災により全て「忌宮」に合祀したことから「忌宮」と呼ばれるようになった。延喜式神名帳では「長門国豊浦郡 忌宮神社」と記載され、小社に列している。

-------------------------------------------------
wikiを読むと、当初はそれぞれが別に存在したことがわかります。
ほんらい記紀に従い関係をクローズアップしたいはずの足仲彦(仲哀天皇)や応神天皇とは最初別宅で、再婚相手の玉垂命と玉垂命との子 仁徳天皇のほうが身近に存在していたということが、いかに重大なことかわかります。

福岡市東区香椎4丁目 香椎宮 - 美風庵だより

これは福岡市東区香椎宮でも同様で、最も関係をクローズアップしたい足仲彦(仲哀天皇)より、(おそらく玉垂命を祀るであろう)武内神社のほうが傍にあったのです。
このことは、ある時期まで記紀よりも現場の記憶(神功皇后は玉垂命(開化天皇)の妃で、二人の子が仁徳天皇(斯礼賀志命(しれがしのみこと)が優先していたということを示しています。記憶が薄れていくにつれて、記紀にもとづき、現王朝の都合がよいように改ざん・創作されていったのです。

忌宮神社が御神紋に白鳥紋を使用するのは、足仲彦(仲哀天皇)が日本武尊の子であることを示しており、この部分だけ、どうやら豊浦宮から引き継いだようです。

(2020.06.21訪問)

9月19日の日録

【本日の所持金:63,191円】

生活困窮者です。

午前中用事が1件あったのと、可能であれば講演を聴こうと、小倉に出ました。

f:id:bifum:20200919090818j:plain
f:id:bifum:20200919091337j:plain

時間があったので、若松区白山の白山神社を訪問します。白山信仰のお宮さんなら菊理姫命(天之御中主)が中心なのだろうと拝殿をのぞくと、なんとイザナミさんが真ん中です。右が事解男こと金山彦、左に菊理姫命こと天之御中主という配置に驚きます。

熊野と白山がちゃんぽんになっているのです。

狐につままれながら目的地にむかい、用事を済ませます。

思ったより時間を食ってしまい、北九州市立文学館で13時から予定されていた講演を諦めました。

f:id:bifum:20200919143138j:plain

小倉南区内でいくつか神社めぐりをさせていただいていたところ、どう考えても立派すぎる屋敷神に出くわしました。法人番号の登録があるところをみると、これが本体で、隣接する屋敷は社務所

f:id:bifum:20200919191331j:plain

皇伝相性占術 ― 相性を知り、相性を改善する秘法

皇伝相性占術 ― 相性を知り、相性を改善する秘法

  • 作者:林 巨征
  • 発売日: 2017/11/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

喜久屋書店 小倉店 | 小倉駅前アイム

小野十伝さんの「奇門遁甲術入門」については電子版を持っているのですが、読みやすい四六判の書籍も購入しました。「相性占術」は、基本的には四柱推命で観る相性の域を超えないのかな?という印象です。こういう観方も出来るのか、と参考にするため購入しました。書店でぱらりとはぐっただけですが、じっくり読むと発見があるかもしれません。

 

田川郡川崎町安眞木 戸山神社


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200620065152j:plain

f:id:bifum:20200620065005j:plain
f:id:bifum:20200620065219j:plain

応永3年(1392年)に熊野権現を勧請して創建した神社とあります。何故この地に熊野権現が?とも考えたのですが、その点についてはなにも手元に資料がないうえに福岡県神社誌も簡単な解説しかありません。

不思議なのは、田川郡添田町庄にも「戸山神社」があることで、そちらは福岡県神社誌では、天之忍穂耳、イザナギイザナミ保食神大国主を祀る神社とされていることです。

同じ名前なのにこうも御祭神が違うというのは、どういうことなのだろう……。

f:id:bifum:20200620065347j:plain

そう考えながら屋根を眺めると、並び鷹の羽紋がついています。どうも天之忍穂耳を祀る神社がほんらいの姿だったのかもしれません。その上に、この川崎町安眞木の戸山神社は熊野権現が被さったのでしょう。

拝殿をのぞかせていただくと、扁額が2つ並んでいます。戸山神社と、北山神社です。北山神社……。

北山神社を福岡県神社誌で検索すると、福岡県京都郡に大半があるのがわかります。そしてその御祭神は高木大神(高皇産霊神)です。

鷹の羽紋をずっと引き継いできたのなら、天之忍穂耳と高木大神(高皇産霊神)を祀っているとしてもよさそうなのに、ここは熊野権現の神社ということになっています。熊野権現を鎮守とするだけのなにか理由があったのでしょう。こればかりは図書館でなにか資料を漁るよりしかたありません。

境内には清地神社があります。この社名でスサノオを祀る神社は京築のほうによくみられるもので、この田川の地と京築の文化的なつながりを感じます。

----------------------------------------
福岡県神社誌:下巻195頁
[社名(御祭神)]戸山神社(速玉男命、伊弉諾命、事解男命、児屋根命)
[社格]村社
[住所]田川郡川崎町大字安真木字貞近
[境内社(御祭神)]清地神社(素戔嗚尊
----------------------------------------
(2020.06.20訪問)

河合雅司「未来の地図帳」(講談社、2019)

f:id:bifum:20200918220006p:plain
f:id:bifum:20200918220003p:plain

今後の「縮み方」について問題提起をした本です。以前、電子版で購入し「積ん読」したままでした。
小池氏関係の本を立て続けに読み疲れ、頭の休憩にこちらを読んでみます。
 
ほぼ8割がたが、各都市圏ごとの状況分析であり、各都市圏の今後の推移を概観するのに役立ちます。この問題に関しての知識を整理するには手ごろな本です。
終盤で、課題に対する著者なりの解決案を示しています。
 
読み終えて思うのは、次のような点でしょうか。

(1)著者は今後、さらに47都道府県の人口格差が広がることを推計値から指摘し、自主運営が困難になった市町村の解散を認め、基礎自治体都道府県とすべきと提案しています。独自の健康保険組合と「協会けんぽ」の関係を引き合いに、考えているようです。

この提案自体は、人口減少社会を乗り切ることを考えれば正しい提案といえます。

気になるのは、著者本人が指摘したとおり、47都道府県の人口格差が約30倍近くまでひろがるわけですから、そもそも47都道府県をそのまま基礎自治体とするべきかどうかが、問題です。

おそらく都道府県についても再編が必要となるでしょう。それならいっそのこと、藩と天領の関係に戻るほうが、正解かもしれません。原則、基本的には国(の出先)がユニバーサルサービスとしての公共サービスを提供し、自主運営できる地域について、市町村を設置できるようにするものです。

違うのは、殿様を国が指名するのではなく、その市町村を構成する住民が選挙で選ぶことでしょうか。各地で「市町村」として自治会事務局+国の代理窓口+議会を自主的に運営してもらい、災害対応や公共交通網の整備は、まず第一に国(の出先)が実施します。各地の事情できめ細やかなサービスがしたければ、それは「市町村」を構成して自分たちで上乗せサービスとしてやればよいのです。

(2)もう一点は、よく判らないうちに誰かが運営してくれている、という意識を国民が持つことがないよう、自主自立自助を明確にすることです。真っ先に取り組むべきは、義務教育における納税教育の徹底と、源泉徴収制度の撤廃でしょう。全国民が確定申告できる税理士が失業するくらいわかりやすい税制度にしなければなりません。

(3)最後は、デジタル化の推進です。人口減少社会においては、就労人口も減ります。公務員などの公共サービスを維持するための人員を過剰に確保すれば、そのぶん民間市場に投入できる人材が減ります。デジタル化により、公共サービスに必要な人員は合理化せざるを得ません。成長分野にひとを回し、経済の縮みを最小限に抑えないといけないのです。