美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

うきは市浮羽町山北 加茂神社(賀茂神社)再訪


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20210425101710j:plain

福岡県神社誌には「加茂神社」とありますが、現地の表記は「賀茂神社」となっています。

f:id:bifum:20210425101607j:plain

御祭神は、神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこのみこと)、賀茂建角身命(かもたけつのみのみこと)、玉依姫命(たまよりひめのみこと)、賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)とあります。

福岡県神社誌より一人増えていますが、おそらくは上加茂神社・下鴨神社の記載に合わせたものでしょう。

まず、神日本磐余彦尊は、本物の神武天皇ではなく、崇神天皇のことです。

賀茂建角身命 - Wikipedia

別名には八咫烏、八咫烏鴨武角身命(やたからすかもたけつのみのみこと)、三嶋湟咋(みしまのみぞくい)、三島溝咋、三島溝耳神(みしまのみぞくいみみのかみ)、陶津耳命(すえつみみのみこと)、陶津耳、天日方奇日方武茅淳祇(あまひがたくしひがたたけちぬつみ)がある。
山城の賀茂氏(賀茂県主)や葛城国造の始祖であり、賀茂御祖神社(下鴨神社)の祭神として知られる。
『新撰姓氏録』によれば、賀茂建角身命は神魂命(かみむすびのみこと)の孫である。

賀茂建角身命とは、大幡主(博多のお櫛田さん、神皇産霊神)の子で、高木大神・天照大神の娘婿である豊玉彦(豊前坊、思兼命)を指します。

賀茂別雷命 - Wikipedia

賀茂建角身命(賀茂御祖神社の祭神)の娘の玉依姫(同じく賀茂御祖神社の祭神)が石川の瀬見の小川(鴨川)で遊んでいたところ、川上から丹塗矢が流れてきた。
それを持ち帰って寝床の近くに置いたところ玉依姫は懐妊し、男の子が生まれた。これが賀茂別雷命である。
(略)
なお、賀茂別雷命の出生についての話と同様の話が『古事記』(大物主神と比売多多良伊須気余理比売)や『秦氏本系帳』(阿礼乎止女と大山咋神)にもあり、特に後者の話と混同されて、「賀茂別雷命の父は松尾大社の大山咋神である」とする話も流布している。

つまり、賀茂別雷命とは、大山咋と玉依姫の間に生まれた崇神天皇その人なのです。

すると、父親である大山咋を祀る日吉神社が一段高い古墳の上に祀らているのも納得がいきますし、王朝簒奪を正当化した日本書紀において、神武天皇に背乗りした崇神天皇が豪勢な社殿で祀られているのも、不思議ではありません。

以前訪問したときは、さすがにこのあたりの関係を理解できておらず、かなり頓珍漢なことを書いてしまいました。反省して懺悔するほかありません。

賀茂神社 (うきは市) - Wikipedia

当社の行直大宮司が慶安4年(1651年)に誌した旧記には、
賀茂大神は最初にこの地に天降り鎮座され、神武天皇が日向から大和へ御東遷のみぎり、宇佐から山北へ来られ賀茂大神は八咫烏(やたがらす)となって御東幸を助け奉られたので、今も神武天皇と賀茂大神を奉祀する
と述べている。
境内では縄文土器、石器、群集石棺群などが出土している事から鑑みこの旧記が有る真実を伝えているものと考えられる。
賀茂神社社家の初代は、武内宿禰(たけうちのすくね)(孝元天皇の曾孫)19世 波多臣広庭(はたのおみひろにわ)の後裔、波多次郎救家の嫡男 久家和州 としている。(熊懐氏参照)

すると、一族のルーツとなる土地に、あらためて祀り直したのが、この賀茂神社と日吉神社だということになるのです。そして、その祭祀を行う熊懐氏は、武内宿禰の後裔とされています。この武内宿禰は、高良玉垂命を表に出せないときに使われる仮託先としての武内宿禰ではなく、おそらくは本物の武内宿禰でしょう。

そうであれば、母方をたどれば豊玉彦につながり、いわば「一族の墓守」としてこの地を守る(守らせられる)理由もたちます。

もしこれが高良玉垂命の仮託先としての「武内宿禰」であれば、恐ろしいことに、縁もゆかりもない新しい支配者の墓守を延々と押し付けられてきたことになってしまいます。さすがにそれはないと信じたいのですが……。

f:id:bifum:20210425101431j:plain
f:id:bifum:20210425101507j:plain

鴨川を模した水路に手洗い場があり、手を洗うためにしゃがむと、しじみがいっぱいでした。

f:id:bifum:20210425101355j:plain

水路には、水神様もお祀りされています。

おそらく、再建を繰り返すうちに、京都の上加茂・下鴨を模すようになっていったのだと思われます。

f:id:bifum:20210425101207j:plain

社殿には葵の紋が彫られています。葵紋はいろいろとバリエーションがあるのですが、基本的に現王朝(現皇室)につながる一族が使っていたものと考えてよいでしょう。

過去の訪問記録

うきは市の隈上正八幡宮と賀茂神社(1) - 美風庵だより

うきは市の隈上正八幡宮と賀茂神社(2・終) - 美風庵だより

----------------------------------------
福岡県神社誌:中巻213頁
[社名(御祭神)]加茂神社(神武天皇、玉依姫命、加茂別雷命)
[社格]郷社
[住所]浮羽郡山春村大字山北字宮ノ下
[境内社(御祭神)]天満神社(菅原道真)、五穀神社(保食神、稲次正誠)、琴平神社(崇徳天皇)、猿田彦神社(猿田彦神)、秋葉社(軻遇突智命)、稲葉社(保食神)、春日社(天児屋根命)
[摂社(御祭神)]日吉神社(大山祗神)、三次神社(景行天皇、菅原道真)
[末社(御祭神)]記載なし。
(2021.04.25訪問)

九州交響楽団 第71回北九州定期演奏会

f:id:bifum:20210925142117j:plain

第71回北九州定期演奏会 || 公益財団法人 九州交響楽団 -The Kyushu Symphony Orchestra-

開催日:2021年9月25日(土)午後3時開演
会場:北九州芸術劇場 大ホール
曲目
ハチャトゥリアン/フルート協奏曲(ヴァイオリン協奏曲・編曲版)
ビゼー/「カルメン」組曲 第1番
ストラヴィンスキー/バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
指揮:大友直人
フルート:瀬尾和紀

当初は、パトリック・ガロワ氏を招いての演奏会と発表されていましたが、コロナの影響で、指揮者・曲目が変更となったものです。「火の鳥」とハチャトゥリアンの組み合わせに食指がうごき、久しぶりに北九州芸術劇場に顔を出しました。

北九州芸術劇場

北九州芸術劇場 | リバーウォーク北九州

北九州芸術劇場は複合施設「リバーウォーク北九州」に入居しています。
初めて訪問したとき、階下には美術館、上は朝日新聞とゼンリンというフロアマップをみて、驚いたものです。美術館は何度か訪れていますが、とくに鑑賞の不具合はなく(あったら困るのですが)、カネかけて遮音設計やったんだろうなぁ、と思ったものでした。

施設の英語名「kitakyushu performing arts center」が示すように、芝居小屋としての性格がつよいものの、演奏会にも利用されます。(あくまでも「多目的ホール」ですが)基本的に響きかたは新国立劇場などに近い、シューボックス型「残響2秒」ホールとは非なるものです。

北九州市立 響ホール

すでに音楽ホールは別にあるため、住み分けを考慮しているのでしょう。

初訪問は演奏会ではなくなにかの講演会だったと記憶しています。舞台からの声の通りがよく驚きました。今回の演奏会でも、大友さんがアンコールの曲目(チャイコフスキーの弦楽セレナード)を紹介したとき、すっと客席に声が伝わります。下手なホール(ア*ロスとか)だと、最初の発声が聞き取れなかったりするのですが、まったくそういうことがありません。

 

まだ若いころ、曲目までは覚えていませんが大友さんの指揮する演奏を聴いて、曲のイメージがわからなくなったことがありました。それから数年後に九響定期でショスタコーヴィチを聴き、がらりと印象が変わったのを覚えています。

いまにして思えば、いくら才能があってもCMに出るわテレビの司会をするわでは、時間が足らずいろいろと無理があったのでしょう。ほぼ同年代の広上淳一さん、大野和士さん、佐渡裕さんがいっせいに登場し、競い合っていた時代でした。

今回の演奏を聴くと「自分のやりたいこと」より「客が聴きたがっているもの」を優先しているように思えます。芸術家ではなく芸人・職人になろうとしているふうでもあります。もう10年以上むかしになりますが、「秋山さんの大衆性を受け継ぐのが大友で、芸術を受け継ぐのは沼尻」とわかったような高説をさる場所で聞き、そういうものなのかねぇ、と不思議に感じたことがありました。桐朋学園大学の指揮科教授を沼尻さんが引き継いだことを念頭においた発言だったかと記憶しています。

25日の演奏を聴くかぎり、そう簡単には割り切れるものではなさそうです。

 

この日のお目当ては、「火の鳥」とハチャトゥリアンでした。

九響定期に行ってきました - 美風庵だより

ハチャトゥリアンの「フルート協奏曲」は、有名なヴァイオリン協奏曲を、ジャン=ピエール・ランパルが編曲したもので、12年前にも瀬尾さんの演奏で聴いています。当時の感想を読むと、ヴァイオリンと違って泥臭くない都会的な演奏だと感じたようです。今回も、ジプシーヴァイオリンのような泥臭さはみじんもなく、あか抜けた感じがします。大友さんと九響の伴奏がもつ明るさから照射された面もあるのかもしれません。

ストラヴィンスキー聴いてきました(^^♪ - 美風庵だより

「火の鳥」も生で聴くのは6年ぶりです。

まだ子供のころ「ドラえもん」のあとが「題名のない音楽会」で、ドラえもんを視聴したあと、黛敏郎さん司会の題名のない音楽会をそのまま続けて視聴する習慣がついていました。あれで秋山和慶さんや岩城宏之さんを知り、東京交響楽団や新日本フィルの名前を知りました。黛さんの趣味なのか、ストラヴィンスキーなどがよく取り上げられ、「春の祭典」「ペトルーシュカ」「火の鳥」など喜んで聴いたものです。

演奏会なんて簡単に連れて行ってもらえる家庭でもありませんでしたし、あのときに聴いたストラヴィンスキーやラヴェルから、やがて録音や楽譜を買ってクラシック音楽の沼にはまりこんでいきました。

f:id:bifum:20210925165517j:plain

終演後、ホールから出てトイレを借り、2階席(実質は7階?)のホワイエから、小倉城を撮影してみました。

翌日起床して、この感想を書いています。SNSなどを眺めていると、高校で吹奏楽部に所属している学生さんが「火の鳥に感激した」と書き込んでいるのをみかけました。若いころに触れた実演は、いつまでも耳に残ります。素敵なことです。

うきは市浮羽町山北 日吉神社(三王宮)


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20210425100524j:plain
f:id:bifum:20210425100545j:plain

賀茂神社 (うきは市) - Wikipedia

日吉神社(山王神社)
建久7年(1196年)9月 宮司家初代波多久家和州が日吉神社を近江国坂本の日吉大社から勧請した。宮の前古墳の墳丘上に建てられている。裏手には賀茂神社古墳群がある。

加茂神社を見下ろす場所にあります。境内には石祠が複数あるのですが、ある石祠の前で、足が止まりました。

f:id:bifum:20210425100739j:plain

後ろに、熊が居ます。「来るな!」と言わんばかりに、こちらをにらんでいます。

熊懐氏 - Wikipedia

元弘元年(1331年)8月、後醍醐天皇は山城国笠置山で挙兵した。この時初代・久家から数えて8代目にあたる波多臣平右馬行景(はたのおみひょうまゆきかげ)は、後醍醐天皇の呼び掛けに応じて笠置山に参集した(元弘の乱笠置山の戦い)。
元弘元年8月27日(1331年9月29日)後醍醐天皇は笠置山に入られた。9月1日、天皇の御座近くに熊が侵さんとしたが誰も止める者がいなかった。行景はこれを退治し抱いて天皇に献上した。
後醍醐天皇は、「熊を懐し〔いだきし〕猛き武士〔たけきもののふ〕」とお褒めの言葉と共に、熊懐の姓と梶の葉紋を授けた。
「笠置山君が御狩に先立ちてあら熊懐く猛きもののふ
家の名にあはせて傳ふあら熊を懐きし人のその手力も 」(源建辿)[2]
翌9月2日には幕府軍が笠置山に攻め入ってきているので戦いの準備の物音に驚いて熊が出てきたものと思われる。
これより熊懐平右馬太夫波多宿祢行景[注釈 9](くまだきひょうまだゆうはたのすくねゆきかげ)と称した。[注釈 10] 行景は後醍醐天皇の勅命を受けて宮方に属し戦った。南北朝の長い戦いの中、浮羽の地域に希望の光を生みだそうと後醍醐天皇のご遺詔に従い正平元年(1346年)に山城国愛宕郡より賀茂上下大神を奉遷し生葉郡山春村に賀茂神社を建立。行景が初代大宮司となった。

この熊の置物、どうやらこの伝承にもとづくもののようです。

加茂神社の敷地内にある神社とみなされていますが、元は古墳の上に建つ日吉神社が先だったことがわかります。

日吉神社が大山咋を祀る神社であり、大山咋の子 崇神天皇を祀るのが加茂神社という関係を考えれば、不思議な組み合わせではありません。

この点は、次回、加茂神社の項目でまとめて触れたいと思います。

福岡県神社誌:下巻423頁
[社名(御祭神)]日吉神社(大山咋神)
[社格]無格社
[住所]浮羽郡山春村大字山北字宮ノ前
[境内社(御祭神)]記載なし。
(2021.04.25訪問)

9月25日の日録

9月23日の「神社めぐり」で見てきた内容を忘れぬうちに原稿を仕上げてしまおうと、24日、帰宅してすぐ横になりました。

午前1時ごろに起きだして、6時半すぎまでかかって23社分の下書きを作成します。

ふたたび横になり、8時半に起きだして、痛風の薬を処方してもらいに病院に行きました。

 

病院からいちど帰宅し、小倉に向かいます。

f:id:bifum:20210925124654j:plain

とりあえず小倉駅近くの松屋で牛丼と豚汁をいただき、モンベルさんで自転車に取り付ける工具入れを買いなおしました。

f:id:bifum:20210925135835j:plain

夜更かしがすぎたためか、動く気力がほとんどありません。14時の開場まで、小倉城公園で鳩をながめながら過ごします。

f:id:bifum:20210925142116j:plain

第71回北九州定期演奏会 || 公益財団法人 九州交響楽団 -The Kyushu Symphony Orchestra-

開催日:2021年9月25日(土)午後3時開演
会場:北九州芸術劇場 大ホール
曲目
ハチャトゥリアン/フルート協奏曲(ヴァイオリン協奏曲・編曲版)
ビゼー/「カルメン」組曲 第1番
ストラヴィンスキー/バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
指揮:大友直人
フルート:瀬尾和紀

15時から、九響の北九州定期でした。感想は一度寝てから書きたいと思います。

f:id:bifum:20210925165516j:plain

ホールから出る途中で、小倉城を撮影してみました。

 

f:id:bifum:20210925234126j:plain
f:id:bifum:20210925234120j:plain

途中親戚宅で別件を済ませ、帰宅してから、折りたたみ自転車のサドルバッグを交換します。

モンベル | オンラインショップ | U.L.サドルポーチ

モンベル | オンラインショップ | ドライ サドルバッグ S

サドルポーチは軽くて使いやすいのですが、生地が薄すぎるため、なかが透けます。どうもそれが気になって仕方なく、今回、黒の絶対になかが透けないものにしました。

そのかわり幅と厚みがあるため、輪行するときにどうなのかな?という気はします。

 

では、お休みなさいませ。