美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

「増補改訂 決定版 正統四柱推命術 詳解」

 

増補改訂 決定版 正統四柱推命術 詳解 (エルブックスシリーズ)
 

 不二龍彦さんの名著が全面的にリライトされたのは書店で見かけていたのですが、いつのまにか電子版が刊行され、持ち歩けるようになりました。
四柱推命は東洋占術の総基礎とでもいうべき存在で、覚えるべきことが多いもの。持ち歩けるようになると、いわば「辞書」として使うことができ、ふとしたときの疑問にも対応できるようになります。
ただ、全体としての力量配分を観る方法を身につけるという点では、小野十傳さんの「財運四柱推命術」のほうがよく、この両者は互いに補完しあう関係にあります。学研さん、こちらも電子化してくれないかな……。

上手いつくり。

f:id:bifum:20181007082040j:plain

某チェーン店のトイレの一部です。

どうしても部屋の四隅は掃除しにくいものですが、こうやって角を丸くして、壁側までタイル模様で床仕上げをしてしまえば、たしかに汚れが目立ちません。これはうまいことを考えたものだと感心してしまいました。

リフォームをする際、こうやって部屋の角を丸くしてしまうのも、よいかもしれません。

中洲にて。

f:id:bifum:20181110125824j:plain
f:id:bifum:20181110125855j:plain

10日、所用の帰りに中洲・國廣稲荷神社にお参りしました。それから川端町の神具店で、神棚用に平皿を2枚買い求め、福岡駅まで歩いて電車で帰宅しました。

電車が大橋駅をすぎたあたりで、

gaga.ne.jpこの映画を観る予定だったのを思い出しました。

もう少し上映期間はあるはずなので、行けたらほかの日に行こうと思ったのでした。

閉校記念樹

f:id:bifum:20181111094809j:plain
f:id:bifum:20181111094838j:plain

赤貧です。旧松末小学校の校庭に「閉校記念樹」とあったので、「えらいものを植樹したな」と一枚撮影したところ、周囲から「違うと思います。なんで去年植えてそんなでかくなるんですか、こっちでしょ」と指摘されました。

f:id:bifum:20181111094821j:plain
f:id:bifum:20181111094828j:plain

さらに「復興記念樹」とあったので一枚撮影したら、これもどうやら手前のものらしい。紛らわしいったらありゃしない。

防災力講座

www.asubaru.or.jp

f:id:bifum:20181111122556j:plain
f:id:bifum:20181111152404j:plain

赤貧は、11日、防災力講座なるものに参加いたしました。テントを建て、空き缶でごはんを炊き、新聞紙とビニール袋で作った紙食器と割り箸でカレーをいただき、最後に避難所生活の運動不足をケアする体操の実習というなかなか盛りだくさんの内容でした。
紙パック3つぶんを細く切ったものをくべて、アルミ缶に入っているお米が炊けるというのは、なかなか新鮮な体験でした。米1合より少し少ないくらい(160g?)と水を加えた時点で「いくらアルミ箔できっちり上に蓋をしたとしても、紙パックの細切れごときで沸騰するんやろか?」と不信感満点。ところが時間さえかければ、ちゃんとアルミ箔の隙間から吹きこぼれるまで沸騰するのです。考えてみれば、紙パックは紙の両面をビニールコーティングされていますから、燃えやすいのですね。なかなか閃かないアイデアだと感心しました。
むかし、新聞紙を丸めて上からよく踏むことで、同じ重さの薪と同程度の火力が得られるというのは聞いていましたが、紙パックも意外とあなどれないものです。
……ごはんの出来は、意外と美味くてびっくりしました。もう少し水気が少なかったらなあとは感じましたが、このあたりは何度かやっているうちに加減がわかってくるものなので、あまり問題ではありません。工夫次第で、身近な道具をもちいて調理と食事ができることに気づくという点では、講習は大成功だったと思います。