美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

朝倉郡筑前町弥永 田神社

goo.gl

f:id:bifum:20190624182729j:plain
f:id:bifum:20190624182837j:plain

スポット050 筑前町に「日隅宮」を発見した! | ひぼろぎ逍遥

すでに先行研究があり、赤貧ごときの知識でなにか新しい見解を付け加えることもできないため、触れないでおこうかとも思ったのですが、松峡八幡宮を実見した帰路、立ち寄りました。

田神社がこのエリアに多数存在するのはむかしから謎で、埴安命=ハニヤスって誰?状態だったのですが、大幡主と大山祇の合祀だという説に触れて、やっと合点がいった経緯があります。

f:id:bifum:20190624182846j:plain

田神社の境内には、日隅宮(ウズノミヤ)がしっかりとありました。

----------------------------------------

出雲大社 - Wikipedia 
高皇産霊尊は国譲りに応じた大己貴命に、「汝の住処となる「天日隅宮(あめのひすみのみや)」を、千尋もある縄を使い、柱を高く太く、板を厚く広くして造り、天穂日命に祀らせよう」と述べた。(『日本書紀』)
----------------------------------------

タカミムスビは高木神です。アメノオシホミミとともに英彦山に居た神様が、「りっぱな墓(神社)は建ててやる。墓守はつけてやるから」と言って大国主という尊称とともにあの世へ追放した(友愛した)というのが、赤貧の理解ですし、ほとんどの一般人の理解でもあろうかと思います。

出雲じゃないの?と、にわかには呑み込めない事実ではあります。

大己貴を奉斎する一族が彼の墓所として延々と残してきたと考えるべきか、ほんとうにここが終焉の地だったか……。どちらかといえば、赤貧は前者のような気もします。

栃木県に宇都宮(ウツノミヤ)があり、二荒山神社の御祭神は江戸時代まで大国主とされていました。それを考えれば、大国主の一族は、移住先でもこの名前で祖廟を祀っていたと理解しています。決して出雲大社だけがウズノミヤではないのです。移住した各地に、ウズノミヤはあるのです。

ここが、祖神と崇めるふりをしながら、神宮を伊勢に追放した崇神天皇一派と違うところです。

大己貴神社と車で数分の距離ということもあります。この地には、相当に濃厚な大己貴の血縁が残っていたのか……。もしくは、出雲の原型なのか……。

(2019.06.24訪問)

朝倉郡筑前町栗田 松峽(まつお)八幡宮

goo.gl

f:id:bifum:20190624180326j:plain
f:id:bifum:20190624180526j:plain

まず、日本書紀神功皇后紀の一部を抜粋してみます。
----------------------------------------
(原文)
且荷持田村荷持、此云能登利有羽白熊鷲者、其爲人強健、亦身有翼、能飛以高翔、是以、不從皇命。毎略盜人民。
戊子、皇后、欲撃熊鷲而自橿日宮遷于松峽宮。時、飄風忽起、御笠墮風、故時人號其處曰御笠也。辛卯、至層増岐野、即舉兵撃羽白熊鷲而滅之。謂左右曰「取得熊鷲、我心則安。」故號其處曰安也。
----------------------------------------
(怪しい意訳)
また、野鳥田村に、羽白熊鷲という者がいました。その者は強健で翼を持ち、高く飛ぶことができました。それゆえ、天皇の命令に従わず、人民からいつも略奪ばかりしていました。
戊子(つちのえね)の年、神功皇后香椎宮を出て、熊鷲を征伐するため松峡宮(まつおぐう)に移りました。つむじ風がおこり、皇后の笠が落ちました。それで、この場所を御笠と言うようになりました。辛卯の日、ソゾキノ(?)に至り、即挙兵して羽白熊鷲を滅ぼしました。皇后が左右の者に「熊鷲を討ち取り、心安らかになりました」と言ったので、この地は夜須と名付けられました。
----------------------------------------

この「松峡宮」だとされている神社です。

神功皇后の羽白熊鷹(※日本書紀では羽白熊鷲とありますが、熊鷹とわざと表記します)討伐について触れたインターネットの記事で、必ず登場する松峡宮です。何年もまえに一度訪ねたきりで、2度目の訪問です。

f:id:bifum:20190624180326j:plain
f:id:bifum:20190624180526j:plain

小高い丘のうえに、神社が建っています。

f:id:bifum:20190624181042j:plain
f:id:bifum:20190624181207j:plain

福岡県神社誌によれば末社は2つ。片方ははっきりと「田神社」とあります。ここにも、タノカンサーがいました。ということは、もうひとつが天照大神を祀る大神宮でしょう。
社殿の横にちょっとした建物がついており、これがおそらく福岡県神社誌でいう神饌所なのでしょう。この規模の神社でこれがある理由は不明ですが、もし伝承にもとづいて昔から付属しているのであれば、ここは実際に神功皇后が起居する場所として作られた痕跡ということになります。神話の時代の話を今の建物で語るのは荒唐無稽と笑われそうですが、民や臣下に命令するため、一段下がった庭を有している境内のつくりからすると、そこまでいい加減な推論でもない気がします。

 

f:id:bifum:20190624181257j:plain
f:id:bifum:20190624181321j:plain

拝殿の立派な龍の彫刻を眺めていて、ふと上にめをやると瓦の御神紋を隠した跡があります。ここはどこからどう考えても神功皇后聖蹟地ですから、祭神隠しとは無縁な気もしますが……。なにがあるのでしょうか。

(2019.06.24訪問)

 

 

下関市赤間町 末廣稲荷神社 再訪

goo.gl末廣稲荷神社 (下関市)

f:id:bifum:20190623154315j:plain
f:id:bifum:20190623154359j:plain

ほんの一か月ほど前にも来たのですが、亀山宮や桃太郎うどんから歩いて数分ということもあって、再訪しました。前回も紹介したむかしの社殿と様変わりしたコンパクトな社殿が、千本鳥居の先にみえます。

f:id:bifum:20190623154454j:plain
f:id:bifum:20190623154512j:plain

前回なかった御朱印の頒布が行われていました。300円とのことです。

無いときは亀山八幡宮にお越しください、と書かれているのをみて、ここが亀山八幡宮兼務社なのだと、知りました。

「BIGでどーんと当選おねがいします」と手をあわせましたが、さて、どうなりますやら。

(2019.06.23訪問)

 

 

 

 

嘉麻市泉河内 泉河内八幡宮 再訪

goo.gl福岡県神社誌を眺めていると、妙なことに気づきます。
八幡宮を名乗っている神社と、宝満宮を名乗っている神社の御祭神が同じだったりするのです。いちおう八幡宮応神天皇(ホムタワケ)が主役であり、宝満宮は玉依姫タマヨリビメ)が主役という違いはあるのですが、どうも生き残り戦略として意識して九州宗廟とされた宇佐神宮に接近していった結果でもある気がします。

歴史 | 竈門神社

現在の宝満宮竈門神社のホームページでは玉依姫以外の記述を見つけることができませんので、戦前に発行された福岡県神社誌の一部を掲載しておきます。

f:id:bifum:20190625051424p:plain

f:id:bifum:20190624191004j:plain

最初、このことにピンときていませんでした。1928年(昭和3年)に奉納された絵馬を眺めていると、女性が2人登場します。宇佐神宮の現在の見解では、比売大神は宗像三女神とされていますから、神功皇后含めれば4人いなければなりません。するとこれは誰だということになります。

福岡県神社誌をひらいてみたら、玉依姫だとある。

玉依姫は、三韓征伐の際、神功皇后(+筑紫君=玉垂命)に干珠・満珠の玉を授けた縁があります。これほどあちこちで濃密に祀られているということは、いかにこの戦いが重要なものであったかを物語っています。

f:id:bifum:20190624190425j:plain
f:id:bifum:20190624190738j:plain

晩御飯をいただきにいくついでに再訪しました。

元町長が鳥居に社号標に狛犬とどんどん寄進するのでやたらと入口だけは立派になっています。

社殿は三つ巴紋ばかりですごい発見があるわけでもないのですが、本殿に覆屋のある鞘殿形式になっているのが目をひきます。

f:id:bifum:20190624190727j:plain
f:id:bifum:20190624190901j:plain

拝殿の龍の彫り物はなかなか豪勢なものです。

末社は弓神社とされています。最初はだれかわからなかったのですが、福岡県神社誌に祭神が月弓命とあり、月読命ツクヨミ)=大山祇(オオヤマツミ)さんだとわかります。要は、田主丸の三夜さまです。内宮・外宮に月夜見宮・月読宮と別宮まで作ってもらえる(応神天皇より)エライ神様です。

おそらく武神を祀る八幡宮からの連想なのでしょう。ツクヨミは戦の神ですし弓も引いたでしょうが、弓神とは……。

……と、ここまで考えてみると、ここは最初から八幡宮ではなかったのではないか、という気がします。むろん、この地を治めた千手氏の意向もあるでしょうが、まずは大山祇と宝満信仰があり、そこに八幡宮が被さっていったのでしょう。

1928年に奉納された絵馬に、干珠・満珠の玉を授けた玉依姫神功皇后三韓征伐の姿が描かれているのは、このお宮の主役はこの2人です(応神天皇はカモフラージュです)、というメッセージなのかもしれません。

(2019.06.24訪問)





 

トラベルセット

f:id:bifum:20190623195128j:plain

ホテルに洗顔料やボディソープはあるので問題ないのですが、身体をこするためのタオルがあるところは、なかなかありません。かといって、ナイロンタオルの大きめのものをはさみでカットすると、しばらく使っているうちにほころんできて、だめになってしまいます。

たまたまコンビニでみかけて、衝動買いしました。タオルとボディソープのセットです。旅行先でも、ゴシゴシ洗いたいですものね。