美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

うきは市浮羽町西隈上 正八幡宮(隈上正八幡宮) 再訪


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 

f:id:bifum:20210425090214j:plain

f:id:bifum:20210425090041j:plain
f:id:bifum:20210425090029j:plain

2019年5月に訪問して以来の再訪です。

「下馬」と鳥居前に標識があるのですが、自転車が倒れそうになるため、内側に入れさせてもらいました。

福岡県神社誌を読むと、貞観2年(860年)に石清水八幡宮を勧請したとあり、それが創建のように書かれているのですが、何故か御祭神はかなり石清水八幡宮と異なります。

前回訪問したときは、どうもこの辺りの理由がわからなかったのですが、各地の神社を訪問した目で再度眺めてみると、元は玉垂宮であったものを、八幡宮で上書きしたものだと分かります。豊玉姫が御祭神に居るのも鍵です。豊玉姫は初代八幡神である大幡主の子 豊玉彦(豊前坊、八咫烏)と、高木大神・天照大神の娘 萬幡豊秋津姫の子女であり、石清水八幡宮が宇佐神宮の分祠という形態をとりつつ、祭神の扱い(重み、比重)がだいぶ異なることのヒントでもあります。

つまり、九州王朝の宗廟である玉垂宮の看板を下ろさざるを得なくなったとき、いっけん現王朝(現皇室)の祖である応神天皇を祭神として受け入れるふりをしながら、石清水から勧請して、大幡主・豊玉彦の初代八幡神の流れを取り込んだとみることができるのです。

f:id:bifum:20210425090142j:plain

狛犬のほか、狛「うそ」が並んでおり、ここには菅公も合祀されているのかと神社誌のPDFを確認しましたが、境内に天満神社が2社あると記載があるのみでした。とはいえ、境内をぐるりと回って境内社を数えてみても、神社誌に記載の数はなく、おそらく社殿に菅公も合祀されているのでしょう。

f:id:bifum:20210425090309j:plain

装飾が塗り直され豪華な雰囲気で圧倒するわりに、千木がないのが気になります。御祭神隠しでしょうか。

f:id:bifum:20210425090516j:plain

遺族会が管理する招魂社?忠霊塔?が境内にあり、前回同様、今回も手をあわせました。

過去の訪問記録

うきは市の隈上正八幡宮と賀茂神社(1) - 美風庵だより

うきは市の隈上正八幡宮と賀茂神社(2・終) - 美風庵だより

----------------------------------------
福岡県神社誌:中巻263頁
[社名(御祭神)]正八幡宮(応神天皇、豊玉姫命、高良玉垂命、雷神、罔象女神)
[社格]村社
[住所]浮羽郡御幸村大字西隈上字宮ノ本
[境内社(御祭神)]貴船神社(闇淤加美神)、秋葉神社(加具土神)、琴平神社(崇徳天皇)、猿田彦神社(猿田彦神)、天満神社(菅公)、猿田彦神社(猿田彦神)、天満神社(菅公)
[摂社(御祭神)]記載なし。
[末社(御祭神)]記載なし。
(2021.04.25訪問)

9月19日の日録

今日は町内会の一斉清掃があり、用水路の雑草を除去しました。

8時半スタートで、産廃業者のトラックが来たのが10時ごろ。持ち場のごみと草を積み込んだら、解散です。

帰宅してシャワーを浴び洗濯機をまわして、日記の文章作成をします。

 

ジャン・フルネ指揮都響によるフォーレ「レクイエム」を聴きながら、かなり薄めのコーヒーを飲みつつ、文章をまとめていきます。

 

14時半から、町内会の中間会計監査でした。

今年は会計さんが交替した年です。領収書と帳簿の記載は合うものの、前渡金の残金をもう一回収入としてカウントしてしまっており、だいぶてこずっていたようです。

私は新任会計さんに記帳を指導している帳簿チェック隊を横目でながめつつ、町内会で管理している神社のお賽銭を数えます。コロナ不況のさなか、なんと前期より1万円多くお賽銭が入っていました。

500円玉と100円玉が多いのは、最後は神頼みにすがる心境のかたが多いのかもしれません。

なかには東京オリンピックの記念硬貨もありました。お賽銭は半期ごとに郵便局に預けて営繕積立金の一部にしてしまうため、記念硬貨をここで使ってしまうのはもったいない気もするのですが……。まぁ、ひとそれぞれの考え方です。

 

f:id:bifum:20210919155538j:plain

住友化学園芸 肥料 マイガーデンベジフル 固形タイプ 1.6kg

帳簿のチェックが終わらないので、賽銭数えが終わっても帰れません。

神社の敷地に出て梅の根元を剣スコで掘り、化成肥料を追肥しておきました。ほんとうはもう少し涼しくなってからのほうがよいのでしょうが、しょっちゅう顔を出すわけでもないため、やっておきます。

最後に土を埋め戻して、上から水をかけて完成です。

この後、梅の葉が落葉したら、今度は鶏糞を入れます。化成肥料だけでも、鶏糞だけでも、うまくいきません。

久留米市山川安居野3丁目 天満宮


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20210424112407j:plain

f:id:bifum:20210424112358j:plain
f:id:bifum:20210424112424j:plain

なかなか立派な天満宮なのに、福岡県神社誌を探しても見当たりません。不思議なものだと思って現地案内板を見ると、どうやら明治の神社合祀政策の際、王子池のところの王子宮にいちど合祀され、戦後、地元の希望で分離したもののようです。

久留米市山川町 高良御子神社(坂本神社・王子宮) - 美風庵だより

どうやら「摂社 天満神社」というのが、このお宮のようです。

八大龍王の石碑と、水天宮が併せて祀られています。八大龍王とは海神豊玉彦のことであり、また、荒五郎水神やカッパの頭領 九千坊のことでもあります。すると、おそらく水天宮に祀られている水神様は、罔象女神(みずはのめ)でしょうか。

福岡県神社誌:記載なし ※戦後に分離
[社名(御祭神)]?
[社格]?
[住所]?
[境内社(御祭神)]記載なし。
(2021.04.24訪問)

白坂越えを歩く(4)

飯塚市天道から弥山岳のふもとまでをたどる

秋月藩を支えた動脈「白坂越え」をたどる企画も、4回目となりました。

今回は、飯塚市天道から弥山岳のふもとまでを自転車でめぐることにしました。

f:id:bifum:20210918201320p:plain

GPSの記録は茶色の線で、実際に自転車で走った経路です。太い青線が「白坂越え(秋月街道)」を示しています(緑とオレンジは、推定経路です)。

川艜船荷役場

goo.gl

f:id:bifum:20210918085246j:plain

f:id:bifum:20210918085305j:plain
f:id:bifum:20210918202754j:plain

天道宮の裏手、穂波川と泉河内川が合流する場所に、川艜船荷役場(かわひらたふね にえきば)がありました。

嘉麻市上臼井地区の八反田舟入場が開設されるまで、秋月藩の年貢米はここに運び込まれていました。年貢米だけでなく、秋月藩が芦屋や黒崎の藩屋敷経由で買い付けた物資も、ここから人馬で秋月まで運んでいたのです。

線路で寸断された長崎街道

f:id:bifum:20210918205623p:plain

JR天道駅から桂川町との境界付近は、様々な遺構が残されています。

地図を拡大したものを作成してみました。

f:id:bifum:20210918205803j:plain
f:id:bifum:20210918085951j:plain

現在の国道200号や県道473号(平成初期まではこちらが国道200号でした)の旧道にあたる長崎街道は、線路沿いのせまい道です。離合もろくにできないこの道が、むかしの長崎街道だと高校のころまで知りませんでした。しかもつきあたりは民家の通路となっており、途切れています。

明治時代にはいまの県道473号が開通して用済み?となっていましたから、おそらく線路用地と一緒に売却されてしまったのでしょう。

f:id:bifum:20210918090702j:plain

線路をはさんで反対側も、行き止まりの私有地となっています。

通り過ぎる車がなく邪魔にならないため、この家の車は、堂々と道の真ん中に駐車していました。

f:id:bifum:20210918090324j:plain
f:id:bifum:20210918090312j:plain

現在は、吉原橋手前の薄赤で示した付替えた道を「長崎街道」として案内しています。

f:id:bifum:20210918091117j:plain

桂川町との境界を越えてすぐ、案内板があります。

どうやら吉原橋の原型は、明治時代には架橋されていたようです。そして気になるのは、白坂越えではなく「秋月街道」とはっきり明記されている点です。考えてみれば、ここは秋月城下ではありませんから、小倉に行く道と、長崎街道に合流する道を呼び分ける必要はありません。

この地の地元民感覚で「秋月に向かう道」として「秋月街道」と呼称されていたことが、わかります。

そしてもう一点は「桂川町土居・土師を通って弓坂を登り筑穂町弥山から秋月に向かっていた」と書かれていることにも注意が必要です。

白坂越えを歩く(3) - 美風庵だより

●十二日
天気、秋月城下町出立、森山村祇園社、白坂峠、和泉河内村、弥山村弓坂上り立場、瀬戸鼻立場、天道町、楽市村、徳前村、飯塚町脇本陣小四郎方ニ泊ル

筑穂町弥山とは現在の飯塚市弥山のことで、「白坂越えを歩く(3)」で紹介した「巡見使西国紀行」では、上記のように触れられています。

この案内板を読んで、気づきました。「巡見使西国紀行」では「弥山村弓坂上り立場」とあるため、現在の飯塚市弥山側に「弓坂」という地名があったものだと考えていましたが、どうやら現在の桂川町側に「弓坂」が存在するようなのです。

瀬戸の渡しと追分石
f:id:bifum:20210918091419j:plain
f:id:bifum:20210918091431j:plain

長崎街道との分岐点「瀬戸の渡し」にたどり着きました。

案内板の先は雑草で見えません(インターネット上には除草時の姿が複数掲載されています)。

f:id:bifum:20210918214328p:plain

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部 谷謙二(人文地理学研究室)

この瀬戸の渡しがある辺りは、むかし「瀬戸ノ鼻」という地名だったようです。「巡見使西国紀行」でいう「瀬戸鼻立場」というのは、ここのことだったとわかります。

f:id:bifum:20210918091538j:plain

「瀬戸の渡し」の標識の反対、道路を挟んで、「秋月街道・長崎街道 分岐点」の追分石があります。

f:id:bifum:20210918091603j:plain
f:id:bifum:20210918091646j:plain

追分石の横に立ち、弥山岳を1枚撮影してみました。あれを越えて、さらに先でまた峠を越える……。車のない時代、どれだけ人々の足腰が丈夫だったのか、想像もつきません。

追分石のすぐ先に、「川庄屋蔵跡」という石碑がありました。この「川庄屋」というのが、瀬戸の渡し場を管理していた役職らしく、辺りには茶屋や旅館などが建ち並んでいたとのこと。今のさびれた姿からは想像もできません。

土居の旧道
f:id:bifum:20210918092037j:plain
f:id:bifum:20210918092138j:plain

日の隈橋を渡り、旧道を桂川町役場のほうへ進んでいくと、向かって左手に嘉穂総合高校が見えてきました。さらに進むと、信号に出くわします。信号の先からが古い集落で、道幅がぐっと狭くなっているのがわかります。

f:id:bifum:20210918092438j:plain

「土居の観音さま」と言う案内板があり、古くからある集落であることを再確認します。

f:id:bifum:20210918092710j:plain
f:id:bifum:20210918092918j:plain

桂川郵便局と、電話交換局がある場所に出ました。ここで旧道は終わり、戦後建設された現道に合流します。

郵便局の入り口は、当然のことながら現道側に設けられていました。

茶かすの地蔵

f:id:bifum:20210918094101j:plain

JR天道駅に戻る途中、「茶かすの地蔵」を訪問しました。

この地にあった茶屋で、茶葉の出がらしを乾かしてお茶を飲めない貧しい人々に配っていたそうで、その貧しい人たちが積み立てたお金で地蔵堂を建てたことに由来するとのこと。

ほとんど空き家か空き地となったこの一角に、いまも往年の繁栄をお地蔵さんが伝えています。

桂川交番~弥山岳のふもとへ
f:id:bifum:20210918102753j:plain
f:id:bifum:20210918102851j:plain

県道90号沿いに飯塚警察署桂川交番があります。この先、ファミリーマートの手前で右折して、弥山岳のほうへ向かいます。

これが、白坂越え(秋月街道)にあたります。

f:id:bifum:20210918103005j:plain

この区間、基本的には旧道を拡幅して現道としているのですが、一か所だけ、集落の横に道を付け替えている区間があります。当然ここも、旧道のほうを走ります。

f:id:bifum:20210918222349p:plain

狩野集落まで自転車で走ります。さすがにここは迷う要素がありません。

吉原橋近くの案内板で、どうやら「弓坂」というのが桂川町側からの登りを指し、飯塚市弥山の地名ではないらしいことがわかりました。しかしどこが弓坂なのか、まだこの時点で見当もついていませんでした。

昭和40年代の地図に記載のある徒歩道(点線)がおそらくその弓坂なのだろうと考えて、現地へ急ぎます。

f:id:bifum:20210918104705j:plain

地理院地図で徒歩道がある場所に行くと、そこはなんと私有地で、しかも柵が立っています。どうやら歩けるふうにはみえません。登山靴も履いてきていませんし、今回はなかに立ち入るのをあきらめることにしました。

さすがにこのまま手土産(新情報)なしで帰るのもどうかと思われ、集落内を動き回り、現地民のかたをさがします。すると、軽トラックの荷台に男性が座っているのが見えました。声をかけ近づくと、荷台に座り、砥石で鎌を研いでおられました。年齢は80歳はゆうに超えているようにみえます。

訊くと、「弓坂は(湯の浦)キャンプ場の(敷地を過ぎた)上」とのこと。

第3回で、弥山から桂川にどう抜けているかわからず右往左往したのですが、どうやら湯の浦キャンプ場から弥山岳を登ってみると、わかるようです。

ありがたい情報をいただき、礼を言って立ち去ります。

男性の家を出て、老人ホームが見えてきたとたん、雨が降り始めました。

ずぶ濡れになり、途中、自販機がある商店でペプシコーラを買い求め、休憩しながら雨宿りをしました。

おっさんが自転車ごとずぶ濡れで物珍しかったのか、店から女性の姿がみえます。こちらをのぞきに来られたので、声を掛けました。

事情を話すと、元の旧道は知らないが林道のさきに「かごたて峠」というところがあり、そこが旅人の休憩所であったとのこと。

f:id:bifum:20210918223921p:plain

聞き取った「弓坂」と「かごたて峠」の場所を地理院地図に落としてみると、最初に見当をつけたいずれかが、旧街道のようです。並行していたのでしょうか?

次回は、桂川側から弥山岳を登ってみることにしました。

結局のところ、藪こぎしないとわからないようです。