美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

久留米市小頭町 小頭神社


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200905074638j:plain

ほぼ都市化されたなかに、窮屈そうにお宮が建っています。

f:id:bifum:20200905074928j:plain

f:id:bifum:20200905074819j:plain
f:id:bifum:20200905074910j:plain

御祭神は、手力雄命(たぢからお)と天細女(あめのうずめ)とあります。

手力雄命とは、スサノオの別名であり、スサノオ罔象女神(みずはのめ)の間の子が、天細女(=豊受大神)であることを考えれば、親子を祀る神社なのです。

社殿を横から眺めると、先日の金丸神社同様、四本の柱が建っており、屋根がかけられています。おそらくこれが、ほんらいの姿なのでしょう。そして社殿が朱塗りということは、ここもメインは天細女を祀るお稲荷さんだと理解されていたと考えてよいかと思います。

f:id:bifum:20200905074712j:plain
f:id:bifum:20200905074812j:plain

境内に、えびす様(事代主)と、詳細不明の石祠がありました。この石祠が、秋葉神社と月読神社なのでしょうか?

福岡県神社誌:中巻151頁
[社名(御祭神)]小頭神社(手力雄命、天細女命)
[社格]村社
[住所]久留米市小頭町三丁目
[境内社(御祭神)]秋葉神社、月読神社
(2020.09.05訪問)