美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

久留米市本町 諏訪神社


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200905080544j:plain

f:id:bifum:20200905080559j:plain
f:id:bifum:20200905080627j:plain

通常、社格をもたない「無格社」の由来・由緒は、福岡県神社誌には記載されていません。ところがこの久留米市本町の諏訪神社は、下巻364頁から365頁にかけて、長々としっかり記載があります。よほど特別のことと思われ、以下に全文を転記しておきます。

簡単にまとめると、もともとは明応7年(1498年)に鍛冶屋を営んでいた平井氏が諏訪明神を勧請したのがはじまりです。その子孫の代になり地元管理の神社となり、やがて江戸時代になり有馬の殿様も、風浪宮や大善寺玉垂宮参詣の際にはかならず立ち寄り祈願したとのこと。

周囲をコンクリート造りの建物に囲まれ、狭い境内にぎっちり詰め込まれている印象をうけます。

社殿の正面向かって左脇に、稲荷神社が鎮座しています。本町稲荷神社と扁額に書かれており、もしかするとこの久留米市本町地区のどこか別のところにあったものが、移転してきたのかもしれません。

f:id:bifum:20200905080730j:plain

本町稲荷神社のさらに左手に、お宮と石祠が3つ並んでいます。

福岡県神社誌では、えびす様(事代主)と白角折神社(しらとりじんじゃ)があることになっているのですが、これらのお宮や石祠がそうなのでしょうか。画像右手のものは、梅鉢紋が彫られており、天満宮ではないかと思います。残る2社が福岡県神社誌に記載がある分なのでしょうが、どちらがどちらか判別不明でした。

鬼夜について|大善寺玉垂宮

大善寺玉垂宮で行われる鬼夜の当日、火難除けのため関係者が参拝していたとも伝えられているとのことで、この関係が現在も続いているのかどうかは、気になるところではあります。

久留米市本町三丁目に鎮座まします諏訪神社は今を距ること四百三十九年の昔即ち明応七午年八月後士御門天皇の御代平井雅楽なる者御綸旨を拝戴し当地に於て鋳冶の業に従事し常に火工を業とするを以て諏訪明神を崇敬し遂に我が居所の庭中に祠を立てて之を奉祀し火難を禳はんことを祈れり、降つて天正、文禄元和の間毛利秀包田中吉政有馬豊氏、相次で領主となり居を洗切より当三丁目に移すと共に祠を奉して来り世々祭祀を奉仕し敢て怠ることなかりき、雅楽四代の孫新右衛門の妹聟養子岩橋惣三郎なる者御綸旨相続き鋳物師司の跡を継承したりしが惣三郎五代の孫惣左衛門の代に至りては家運傾き愈々困窮に陥りたれば裏地子へ往古より勧請奉祀せる諏訪大明神を町屋敷分に御遷座の儀、時の藩主有馬數種公へ願出たる処安永四未年十月願定聞居かせられたるを以て安永八巳亥年六月垂井、山本、石橋、松本、永松、富安の諸氏商議を遂げ本町住居の人と力を戳せて社殿を再建し夫れより七年の後即ち天明六巳年九月垂井平秩、山本周平、石橋規彭、松本清門、吉田直重尚ほ修造を加へ街中の諸子弟は石の鳥居を奉献して神域を荘厳ならしむ。之れより領主を始め士民の崇敬一層深きを加ふ、惣左衛門の子求馬なる者天明八未年大宮司支配下にありて社守となり岩橋伊豫と称せしが天保七申年九月十九日近火の為当社社殿類焼に罹りたれば遅滞なく仮殿を造りて御神体を一時此に奉安し同九戊年より再び造営を計画し同時に官に対しては社地狭隘なるを以て増地を願ひ天保十一子年社地増約六十坪余を拝領して神域を拡め同十三年に至り漸く竣工を告げ茲に始めて厳粛なる御遷宮の儀式を挙ぐることを得たり、伊豫の子信濃土佐に去りし後は奉仕者なき故白山町郷社白角折神社社司鳥飼守雄及其子眞清の兼掌する所となれり。
明治維新即ち明治四年八月藩主有馬公の居城たりし篠山城直下柳原に久しく勧請奉祀しありし諏訪神社を当社に合祀せらるるに当り高良山にありし大献公廟前に有馬公奉納の石燈籠四基及柳原社内の洗水盤、石造井戸側祭器等総て当社へ御寄進運搬せしめられたり、抑も当社は火除の神或は病患除の神或は武人の神として古来より世人の崇敬篤く封建時代に在ては藩主有馬公代々特に信仰あらせられ当社へは必らず月並の代参御差遺あるのみならず三潴郡大川町字酒見鎮座県社風浪神社に参詣の際は先づ自ら本社に御参拝あり御鷹狩の時も必ず御参拝あり、又彼の三潴郡大善寺村県社玉垂神社の年中行事の大祭典たる陰暦正月七日の追儺際に当り社寺奉行をして先つ本社に参詣せしめらるるを慣例とされ、玉垂神社当番組は当日早暁祈願の為め本社へ参詣すること古来よりの行事として今日に及べり、畢竟当夜は長さ七八間に余る大炬火六丁點火祈願神事執行せらるるに依り神明の御守護を得て其の火難を免れんが為め祈願なりと云ふ、尚ほ筑後の国大部分に亘り古より今に火除御札配付を受けつつあるは其の霊験渇仰に由ることと信せらる。

末社 恵比須宮、末社 白角折神社

福岡県神社誌:下巻419頁
[社名(御祭神)]諏訪神社健御名方神
[社格]無格社
[住所]久留米市本町三丁目
[境内社(御祭神)]恵比須宮、白角折神社

(2020.09.05訪問)