美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

田川郡赤村赤 吾勝稲荷大明神


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200526113945j:plain

道をはさんで小学校の横に建つ、小さなお稲荷さんです。

吾勝と書かれているのを見て、すぐに思い出すのは天之忍穂耳の本名です。

日本書紀では「正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊(まさかあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)」とされています。「正しく勝った・私が勝った・勝利は日が昇る勢い・の・天之忍穂耳」というわけです。そんなに勝った勝ったと勝ち組アピールされても、と思いもするのですが、現皇室の祖であることを考えれば、勝者中の勝者であることは間違いないわけで、このアピールも当人たちにとっては当然なのかもしれません。

天之忍穂耳には、お稲荷さんである天細女(あめのうずめ)と夫婦だった時代があります。のちに天細女は、山幸彦(猿田彦五十猛命)の妃となるのですが、香春神社同様、この二人が夫婦だった時代をあらわしています。

つまり、このお稲荷さんは、どちらかと言えばお稲荷さんの体裁をとっているものの、香春神社と同種とみなして差し支えない存在なのです。

----------------------------------------
福岡県神社誌:記載なし(発見できず?)
[社名(御祭神)]?
[社格]?
[住所]?
[境内社(御祭神)]記載なし。
----------------------------------------
(2020.05.26訪問)