美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

いまごろなにを。気分は「やれやれ」

1 ん?昭和天皇をファシスト扱い?

お茶を飲みながら字のけいこをして風呂に入って横になり、さあて、明日も小銭稼ぎだとおもいながらインターネットをチェックしてみると、またへんな話で炎上中です。

2 そもそもの状況

現状把握のために、日本のようなアメポチではなく、アメリカのポチ犬でない国がどう報道しているのでしょうか。まずはそれを確認してみましょう。

youtu.be

「なぜアメリカはウクライナ戦争を愛しているのか」を報道したインドTVにゼレンスキーが出演、台湾も引用(遠藤誉) - 個人 - Yahoo!ニュース

◆インドのTVで「なぜアメリカはウクライナ戦争を愛しているのか」
3月3日、インドの非常に著名な人気キャスターであり、Republic TV(リパブリックTV)というニュース・チャンネルなどの創設者の一人でもあるアーナブ氏が<Why Does America Love The Russia-Ukraine War? (なぜアメリカはロシア・ウクライナ戦争を愛しているのか)>を放送した。
アーナブの語調は勢いがよく、以下のようなことを早口で力強く喋りまくった。長いので概略を書く。
ウクライナ人が、より多く死ねば死ぬほど、アメリカには巨万の富が蓄積されていく。嘘と思うならロッキード・マーティンやジェネラル・ダイナミクスを見るといい。何百人ものウクライナ人が亡くなると、何十億もの大金がアメリカに入る。
●アメリカの人権団体は人道的な問題を叫んでいるが、しかしその同じ国・アメリカが、ウクライナ人を長引く紛争に追い込んでいる。ウクライナ人は勇敢で、強い決意で戦っているが、彼らはアメリカの金儲けゲームの犠牲者であり、大規模なアメリカの武器産業の犠牲者なのだ
●誤解しないでほしいが、私は決してプーチンが正しいと言っているのではない。ロシアの天然ガスの供給が遮断されたとき、儲かるのは誰か?アメリカだ。
●アメリカ人が大金を稼いだ後、日本やオランダなどは、核抑止の名の下に核兵器を欲しがるだろう。そうなると世界は皆、非常に核化された、非常に危険な世界に住むことになる。
●前回の世界大戦中およびその後、アメリカは非常に裕福になった。彼らは広島と長崎にも爆弾を投下した。だからあなたに言いたい!もうアメリカの偽善を信じてはならないと。アメリカ人はウクライナ戦争を愛している。アメリカ人はこの戦争が決して終わらないことを望んでいるのだ。
(概要の文字化引用はここまで)
たしかにインドは親露派で、モディ首相とプーチン大統領は蜜月のように仲が良い。だからと言って、ここまでストレートに歯切れよく言う人も、そう多いわけではなく、この番組は世界の多くの国で視聴され、人気を博している。

そういえばアベベが「核共有」と言い出しましたね。インドのテレビ司会者のほうが、日本の政治をよく眺めてるって、どんだけ日本のマスコミは腰抜けもとい無能なのでしょう?

Some NATO states want war in Ukraine to continue: Turkiye

ISTANBUL 

Some NATO member states want the war in Ukraine to continue for Russia to get weaker, Turkiye’s foreign minister said Wednesday.

In a televised interview with private news channel CNN Turk, Mevlut Cavusoglu said Turkiye did not think that the Russia-Ukraine war would last that long after the peace talks in Istanbul.

"But following the NATO foreign ministers' meeting, it was the impression that...there are those within the NATO member states that want the war to continue, let the war continue and Russia get weaker," Cavusoglu said.

イスタンブール 

NATO加盟国の中には、ロシアが弱体化するためにウクライナでの戦争が続くことを望んでいる国があると、トルコ外相が水曜日に語った。

民間のニュースチャンネルCNN Turkとのテレビインタビューで、メヴルト・カヴソグル氏は、トルコはイスタンブールでの和平会談の後、ロシアとウクライナの戦争がそれほど長く続くとは思っていなかったと述べた。

「しかし、NATO外相会議の後、NATO加盟国の中には、戦争を続けさせ、戦争を継続させ、ロシアが弱体化することを望む人々がいるという印象を受けた」とカヴソグルは述べた。

トルコの外務大臣がいう「戦争を長引かせたいNATO加盟国」とは、アメリカとイギリスのことでしょう。なぜか?それはインドのテレビが言うとおり。

ウクライナ戦争で“大儲け”のアメリカ。最も利を得たバイデンの胸中 - ページ 3 / 3 - まぐまぐニュース! (mag2.com)

ロシアは悪玉のイメージが確立されてしまった。経済制裁と戦費で国力も弱まる。ウクライナも多くの犠牲者を出し、侵攻が激しかった地域は廃墟と化した。
一番の「利」を得たのはアメリカだ。
バイデン大統領は、2021年9月1日、ホワイトハウスにゼレンスキー大統領を招き、個人的な見解としながらも、NATO加盟に理解を示した。そして仮にロシアに侵攻を受けた場合、全面的に支援すると約束した。その月には合同軍事演習も行っている。
これがプーチン大統領に火をつけたと言っても過言ではない。ロシア軍がウクライナ国境に展開し始めたのはその年の10月である。
そして、バイデン政権は、ロシア軍が侵攻する前に軍事支援を発表したほか、2022年3月16日には8億ドル(1000億円)、そして4月13日にも追加で同額の支援を決定している。
つまり、アメリカが誘導してしまったとも言える戦争で、アメリカの軍需産業は大いに潤ったということだ。
(略)
そして3つ目は、ロシアへの制裁で、アメリカ経済全体が潤い始めたことだ。
ヨーロッパ諸国がロシアへのエネルギー依存を見直す中、石油も天然ガスも自前で賄うことができるアメリカがヨーロッパ向けの輸出を増やせば、インフレとコロナ禍で苦しむアメリカ経済は持ち直すことになる。

やっと論難する記事が出た。 - 美風庵だより

最初これを書いたとき、リアル知人から半信半疑というか「なにを言い出したんだ?」といった反応をいただきましたが、報道を追えばこうなるわけです。

逆にこれ以外のみかたが出来るかどうか、教えてほしいものです。

今回のウクライナ侵攻は、ロシア、正確にはプーチンつぶしのためにゼレンスキー政権を操縦しているアメリカの民主党とバイデン政権こそ真の悪党であって、その被害者はウクライナ国民と現地の戦闘に動員されたロシアの兵隊さんです。

The influencers behind the Ukrainian PR machine - POLITICO

Behind the scenes, a network of PR professionals, lobbyists and former government officials have also built a powerful messaging machine to help pull strings on media coverage and policymaking.

Their profile and reach has grown as the war in Ukraine consumed the halls of government and the airwaves. One of the biggest Washington power players for Ukraine is Andrew Mac, an adviser to Zelenskyy who heads the D.C. office of a Ukrainian law firm and has served as a liaison to the media on Zelenskyy’s behalf.

Biden calls Putin a 'war criminal'

The White House has taken notice: Multiple people with direct knowledge said the administration has at times suspected that Mac has been a source for stories about Zelenskyy, and has suggested as much to several reporters covering Ukraine.

その裏では、PRの専門家やロビイスト、元政府高官らによるネットワークが、メディア報道や政策立案を引き出すための強力なメッセージマシンを構築してきた。
ウクライナ戦争が政府の中枢部や電波を支配するにつれ、彼らの知名度と影響力は高まっている。ゼレンスキーの顧問で、ウクライナの法律事務所のワシントン事務所を率い、ゼレンスキーに代わってメディアとの連絡役を務めているアンドリュー・マックは、ウクライナにとってワシントン最大の権力者の一人である。
バイデンはプーチンを「戦争犯罪者」と呼んだ。
ホワイトハウスはこれに注目した。直接知る複数の人によると、政権は、マックがゼレンスキーに関する記事の情報源になっていると疑うことがあり、ウクライナを取材する複数の記者にそのように示唆した。

ゼレンスキーさんが精力的に各国の国会で演説ができるお膳立てを誰がやっているのかとおもったら、バイデン政権に食い込んだ実力者の存在が示唆されています。なるほどね……。

3 背景を知れば

ウクライナよ、ふざけるのもいい加減にしろ!!/昭和天皇をヒトラーと同様にファシスト扱いしたウクライナに怒り殺到/ネット「岸田政権は早く抗議しろ!!」「これは到底許せない」 | Total News World

ウクライナ政府がやっていることは、基本的にアメリカ民主党とバイデン政権のチェックが入っていると考えてよいでしょう。

以前、ゼレンスキーさんがアメリカ議会での演説で「真珠湾」に触れたときもネットで「けしからん!」と炎上しましたが、もともと民主党は第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、この4つぜんぶおっぱじめた党ですし、原爆を落とす決断をしたのもトルーマンです。簡単に言えば、アメリカ民主党やその支持者のメンタリティが反映しているといってよく、べつに騒ぐものではありません。

日本の与党政治家のみなさん、(ウクライナ政府をつうじて)あなた方のいまの親分の認識が反映してるんですよ?

それでも騒ぎますか?

主人につば吐いてますよ?

大丈夫?

ロシアが「ネオナチ一派」とゼレンスキー政権を罵倒し、ウクライナが「ラシズム(ロシア+ファシズム)」とロシアを罵倒しあっているだけで、いまさらなにを、という感じです。

4 おっしゃるとおり。

「なぜアメリカはウクライナ戦争を愛しているのか」を報道したインドTVにゼレンスキーが出演、台湾も引用(遠藤誉) - 個人 - Yahoo!ニュース

しかし、日本はアメリカに追随した単一思考しか容認せず、少しでも必死で原因を解明しようとして、バイデンが原因を作っているという結論に達した瞬間に、すぐさま「陰謀論」と詰(なじ)る感覚が出来上がっている傾向にある。
これでは、日本は絶対に戦争から自由になることは出来ないし、次の戦争を起こさない方向に戦略を練ることもできなくなってしまう。それは日本国民にとって良いことなのだろうか?
原因を正確にたどって行けば、次に犠牲になるのは日本であることが見えてくる。その思考を回避する理由は、何もないはずだ。日本の国は、日本人自身が守るしかないのだから。

昭和天皇をファシスト扱いでプンスカやっているひまがあったら、まじめにニュースくらい追えよとおもうのです。

追記(2022.4.25 8:37)

ヒトラーと一緒に昭和天皇の顔写真 ウクライナ政府が動画削除、謝罪 | 毎日新聞

ウクライナ政府は24日、ツイッターに投稿した動画の中で、昭和天皇の顔写真を掲載したことに日本国内のネットユーザーなどから批判が高まった事態を受け、動画から昭和天皇の顔写真を削除し、謝罪した。当初の動画には、ユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を行ったナチス・ドイツの独裁者ヒトラーやイタリアのファシズム指導者ムッソリーニと共に、昭和天皇の顔写真を並べていた。

削除されました。よっぽど抗議したひとがいたんでしょう。やれやれ。

ヒトラーとムソリーニも消してあげればいいのに。

3人、みんなその当時の国家元首なのはかわらないわけで。

日本の元首 - Wikipedia

大日本帝国憲法下の日本において天皇が国家元首であったことに争いはない。主権については万世一系の天皇が大日本帝国を統治する(第1条)とし、統治権についても「天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ総攬シ此ノ憲法ノ條規ニ依リ之ヲ行フ(第4条)」と規定されていた。また無答責(天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス:第3条)や天皇大権の行使(第9条、第13条)、軍隊の統帥権を保持する大元帥であること(第11条)も規定

よく「実権はなかった」とかなんとか言い訳するひとがいますが、当時の最高法規に国家元首と明記してあるわけです。憲法の適用される範囲では無答責だろうけど、まさか外国に向かっても無答責と考えているわけじゃなかろうし。

いや、そういう発想かもな……こんな苦情いえるんだから。