美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

8月5日の日録

【本日の所持金:35,789円】

生活困窮者です。

先日2日、町内会の臨時総会が行われました。

ある役員の方が発熱で欠席されたのですが、久留米市内の病院でCTと血液検査をうけ、結果、風邪と判定されたとのことでした。PCR検査までは不要とのことで、とりあえずひと安心といったところでしょうか。

コロナが流行しはじめて以降、けっこうな頻度で「身近でPCR検査を受けた者が登場した時点で、職場に報告しなければならない」といった話を聞きます。どうも官民問わず人事担当者が参考にしているマニュアルがあるようで、このあたりの対応は(よほどの零細企業でもないかぎり)横並びです。これ、実際の運用としては考えもので、今のように「り患したら袋叩きにあう」風潮があると、従業員は可能なかぎり申告対象を狭めようとします。濃厚接触者の範囲も曲者で、内縁・愛人・その他触れられたくない人間関係を申告する者はいないでしょうから、きつく締めれば締めるほど、非公然ルートは闇に潜ってしまいます。

甘木が田舎だからというだけではないのでしょうが、某企業では、従業員が検査を受けたら、店長の監督責任を問う、という経営者が居て、驚きました。それを声高に言えば、誰がまともに申告するでしょうか。ぎりぎりまで市販の風邪薬と解熱剤をのんで、踏ん張ってしまいかねません。
自粛要請で経済活動を停止させた結果、上場企業から零細企業に至るまで経営はガタガタになってしまっています。税収が減りますから、歳入欠陥で翌年以降、国や地公体が死に、官民ぜんぶが転落していくなんてことに、ならなければよいのですが……。

 

  ○

 

f:id:bifum:20200805183719p:plain

純金積立なら三菱マテリアル GOLDPARK(ゴールドパーク) 三菱の金

今日も貴金属価格が高騰しています。生活困窮者は1993年に三菱マテリアルの純金積立をはじめました。ただ、2008年にマンションを買ったときにぜんぶいったん売り払い頭金にしたので、いま保有している資産は、それ以降に再度積立し直したものです。

黙っていても資産が増えるならよいではないかと思われる向きもあるかもしれません。しかし、その考えは危険です。現在の金価格の高騰は、コロナ不況に対応して各国が通貨供給量を増やしまくった結果(もしくは、増やしまくる予想)に基づいて、インフレに強い資産として貴金属を金持ちが買いまくっていることによるものという指摘があります。これが本当なら、いずれ暴落です。
暴落すれば、日々の積立額で買える量が増える点は有利だし、このまま高騰してくれれば、もっと資金を増やすこともできるかもしれません。どちらに転んでも損得両面あるわけで、非常に悩ましいところです。

可能であれば、生活困窮者が年金生活になってから、どんどん高騰してくれればよかったのですが……。

 

  ○

 

tower.jp

数日逡巡した結果、ノイマンチェコフィルマーラー全集を注文しました。
前回の朝比奈さんのベートーヴェン全集は、よく考えずに操作してしまったため、福岡・天神のタワーレコードまで受け取りに行かなければならなくなってしまいましたが、今回はコンビニ受け取りにしました。

マーラーの「悲劇的」を熱心に聴いていたのは、もう20年近く前だったでしょうか。
第1楽章の最後を、ゆったりと構えてくれる演奏が好きで、ノイマンの録音をほんとうによく聴いていたものです。その後、朝比奈さんと大フィルの録音が2種類登場し、これもまた素晴らしいものでした。いまの演奏のほうが、音そのものはきれいになったのですが、どうもせせこましく感じます。たんに、若いころに刷り込まれたものから、人生の先が見えてきたこの齢になっても拘束されているだけなのかもしれませんが。