美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

久しぶりに抗議する。

年金だけでは足らないので個人でも投資をしたりいろいろ頑張ってください。というのがidecoだったりしたわけです。この既定路線のうえに、やっとおおっぴらに白状しただけで、報告書をつくったひとたちに罪はありません。

騒ぎが大きくなると、自民党のA生が「受け取らない」と騒ぎだし、N階が抗議をしたりしてますが、もとをただせば、与党がフタをしてきたことです。

都合がわるいことが起きると部下のせいにする社長をみているようで、ああいう騒ぎ方をすれば逆に印象が悪くなるとわからないのでしょうか。しかし。野党もどうせろくなアイデアは持ってないし、どうにもならないまま、一気に崩壊するような気がします。

自民党のHPに意見投書のページがあるので、そこから、報道されているA生とN階の行動は見苦しい、責任与党なら「そうならないようがんばります」とやってみろとメールを送りました。

「政府の政策スタンスと異なる」ということは、大本営発表を死守しろという意味で、それなら最初から国民に投資をあおってタンス預金を吐き出させようとする今の路線をやめろよと思うのですが。
既定コースだったらそうなることは彼もわかっているわけで、こんな詭弁は聞きたくないなと思います。ひどい。

----------------------------------------

「老後2千万円」報告書撤回へ 麻生氏「受理しない」:朝日新聞デジタル

麻生太郎金融担当相は11日の閣議後の記者会見で、老後の生活費が2千万円必要だと明記した金融庁の報告書について、「正式な報告書としては受け取らない」と述べ、受理しない考えを明らかにした。麻生氏は理由を「政府の政策スタンスと異なる」と説明したが、野党から猛反発を受け、参院選を前に争点化するのを避ける狙いだ。
----------------------------------------