美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

高良玉垂神社

goo.gl

f:id:bifum:20190216095150j:plain
f:id:bifum:20190216095219j:plain
f:id:bifum:20190216095037j:plain

16日、城島酒蔵びらきに行きました。
過去の反省から、甘木を7時に出発して、城島に開会前に到着するようにしました。開会時間過ぎて会場に到着すると、途中のバスも電車も混みます。混む時間帯より少し早目に行動すれば、あの混雑に巻き込まれません。

酒蔵びらきのメイン会場近くに、高良玉垂神社があります。

大善寺駅西鉄電車を下車して、大川橋行の路線バスに乗り換え、城島新町で下車して、開会すぐでまだ閑散としているメイン会場を突っ切り、まず神社にお参りしました。
「七社大権現」と昔は称されていたようで、高良大社大善寺玉垂宮の御祭神である高良玉垂命のほか、さまざまな神様がお祀りされています。川上大神というのは、佐賀の川上峡にあるよどひめ神社でしょう。地域的な交流があったのだろうと想像できます。

境内には楼門やお稲荷さんなどもあるのですが、どれも傷みははげしい感じです。神職のいる神社のわりには、雑然としています。本殿裏にヨド物置があって、その隣に石でできた恵比須様が並べられているのをみると、もう少しお手入れしてもいいんじゃないかという気もするのですが。