美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

地元の敬老会

f:id:bifum:20180909103045j:plain

9日、地元の敬老会でした。9時半にハーモニカ演奏をされるかたが到着され、11時から敬老会がはじまりました。終わったのが13時すぎで、それから片づけを一部手伝って、近所の松屋でうどんをいただいて帰宅しました。

引っ越して10年のうち数回、手伝いに声がかかったのはよいとして、とりあずバナナとオロナミンCがまず配られるのが、どこかこう世代を感じさせるというか、すごいことだと思います。開始30分前に1,500円の仕出し弁当が到着してそれを席に置き、ビールとお酒を酒屋が配達してくれて、準備が終わります。

ハーモニカ演奏のかたは西油山ハイツから甘木までだいたい50分ほどで到着したとのこと。75を過ぎても元気なかたでした。