美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

ちょうどいいページが。

 

これら犠牲者の血は無益に流されてしまったことになる。このように、一人の愛国者の怒りの行動は、われわれの不幸を増すだけに終わってしまうだろう。
多くの人々が殺されたこの村の悲劇は、だれの役にも立たない。われわれが効果的な武力抵抗作戦を始める日が来たら、この人たちはわれわれにとって非常に必要だったのに。
われわれの力を浪費しないようにしよう。われわれの勇気を無駄に使わないようにしよう。待ちに待つことが大切だということを、だれもが理解せねばならない。無分別な怒りの行動を理性によって抑制しよう。
理性の前に感情を殺せ!
怒りを抑えよ!
行動を起こすには、まだ早すぎる

村を征服した侵略者に、どんなに理不尽でも個々の反撃をしてはならない。相手の餌食になるだけ。組織だって反撃できるときを待て。と力説する部分です。

18歳以上は選挙に行くことができます。

選挙の結果で、社会的な制裁を与えることができます。

誰の血を流すこともなく、合法的に吊し上げることが可能です。

いまは辛抱のとき。

 

しかし。

岸田首相、ロシア名指しで非難「国連の理念踏みにじる」 国連総会 - 産経ニュース (sankei.com)

【ニューヨーク=田中一世】岸田文雄首相は20日午後(日本時間21日午前)、米ニューヨークで開かれている国連総会で一般討論演説に臨んだ。ロシアによるウクライナ侵攻で国連安全保障理事会の機能不全が露呈した現状を踏まえ「国連の信頼性が危機に陥っている」と指摘した。ロシアを名指しし「国連憲章の理念と原則を踏みにじる行為だ。断じて許してはならない」と非難し、国際社会の結束を呼びかけた。

プーチン大統領、部分的な動員令に署名 「特別軍事作戦」巡り | 毎日新聞

ロシアのプーチン大統領は21日、国民向けのテレビ演説に臨み、ウクライナで展開中の「特別軍事作戦」をめぐり、部分的な動員令に署名したと表明した。北大西洋条約機構(NATO)の主要構成国がロシアに脅威を及ぼしたとみなした場合については「我が国はさまざまな破壊手段を持っており、NATO加盟国よりも近代化されているものもある」と述べ、対抗姿勢を鮮明にした。

この岸田文雄という男の周囲には、ちゃんとした情報屋はおらんのかね。

アメリカのケツ持ちするのはいいが、動員令出したってことは、訓練されたプロを後方に下げて、破壊兵器で総攻撃して、焼け野原の整理を動員兵にやらせるってこと。なんで煽って帰ってくるかな……。

ミサイル防衛もろくにできない、国内の避難用シェルター建設も進んでない、第7艦隊と在日米軍にたよりすぎたツケをこれから挽回せにゃならんのに、さきに堂々と吠えちゃった。

やっぱり国葬を決める男はひと味ちがうな(;^ω^)