美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

2月2日の日録

東京アカデミー合唱団 - 東京アカデミー合唱団

昨年10月12日に行けなかった演奏会の振替公演が、3月26日に行われます。

遠出する際は、いちおう奇門遁甲などの方位術を確認するようにしています。世間的には「占い?」と小馬鹿にするひとも多いのですが、方位が吉だと、多少詰め込んでも旅程は順調に行くものなのです。

3月26日の日盤と時盤を見ていて、頭を抱えました。

日盤:2020/03/26
震宮(東)
┌────┐
│癸 冲 六│
│癸 杜 陳│
│ 伏吟 │
└────┘

時盤:20/03/26 07時
震宮(東)
┌────┐
│己 輔 六│
│戊 杜 陰│
└────┘

日盤に「癸癸」があり、逃亡・清算・離別以外では使ってはならないとされています。ぷらぷら何しに行くか、黙秘を要するということです。

時盤に「己戊」があります。吉門との組み合わせは、よき仲間の支援を得られて目標を完遂できるとされています。「杜門」は凶門ですから、頼られるばかりで心労が絶えないと解釈します。

ANAの国内旅行・国内ツアー|ANAトラベラーズ

そうは言っても、まさか前日から前乗りできるわけもありません。逆に無理矢理日帰りにしようと完璧な「私用」で、西小倉駅の知人事務所駐車場を占拠して北九州空港を利用するわけにもいきません。彼は週イチでこの日記をチェックしていますから、行動がバレてしまいます。

なんとか好意的に解釈して、天冲星と天輔星は旅行・移転が吉というところで辛抱するしかなさそうです。どうやら手放しでぷらぷらできる旅にはならなさげで、いまから思いやられます。

昨晩から思案していましたが、決断しないと飛行機の予約が取れなくなるため、全日空と毎回利用している穴守稲荷駅付近のビジネスホテルを予約しました。

予約を済ませて、今日も自転車で神社めぐりに出かけます。

f:id:bifum:20200202103622p:plain

朝7時半過ぎに家を出て、旧三井郡味坂村(現小郡市)の神社を数か所訪問しました。10時半過ぎに帰宅して、もやしをのせたチキンラーメンをいただきます。

溜まっている神社めぐり記事を作成したあと、15時過ぎに風呂に入り、17時前に自宅を出て、親戚宅で晩御飯をいただき、「ポツンと一軒家」を視て戻りました。