美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

九響定期に行ってきましたヽ(^0^)ノ

1曲目のヒンデミットは、ちょっと上品すぎるかな?という感じだったんですよね。
休憩をはさんで、オルフの「カルミナ・ブラーナ」がはじまったわけですけど、最初のうちの腰の軽さというか、低音の足りなさというか、ちょっと気に入らなくて。
とはいっても、学生時代に、当時はまだ武蔵小杉におぢさんが住んでましたから、そのころに生で1回だけ聴いただけなんで、比較対象がないんです。録音でもCDを2,3枚持ってるくらいですからね。
座って聞いていても、よくわからない。
 
ところが、じっと聴いているうちに、おぢさんのいちばん好きな、白鳥が焼き鳥にされる場面から、男声合唱が金がある限りじゃんじゃん呑もうぜ!とアル中賛歌を歌う部分がやってきた。
 
素晴らしいじゃない!( ゜_゜;)立派じゃん!
 
まあ、後半の、オルフが考える健全な男女の健全な恋愛の結果の房事の描写はね。
「やるかお前ここまで( 一一)」って思うのであんまり好きじゃないんですよね。つか、児童合唱を房事の描写に放り込むわ、ソプラノが絶頂を歌っちゃうわ、この神経がわからん……。
とまあ、いろいろ考えてたら、曲は終盤へ。
 
ブラボーと拍手がすごい。
おぢさんも思わず拍手。
 
いろいろぐるぐる頭のなかをいろんなものが駆け巡りましたが、一言でいうと、楽しかったとしかいいようがない(^^;)
合唱団大活躍、児童合唱大活躍だったしね。
やっぱ祭りはいいものだよ。祭りは。

                                                                              • -

http://kyukyo.or.jp/cms/722
 
第319回 定期演奏会
 
曲目
ヒンデミットウェーバーの主題による交響的変容
オルフ/世俗的カンタータカルミナ・ブラーナ
 
出演
指揮 現田 茂夫
ソプラノ 松原 典子
テノール 新海 康仁
バリトン 谷 友博
合唱 九響合唱団
合唱指揮 三浦宣明
児童合唱 NHK福岡児童合唱団MIRAI
児童合唱指揮 大庭尋子

                                                                              • -