美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

9月4日の日録(「くりぬき溝の謎」編)

朝5時半に起床し検温すると36度台になっていました。あいかわらず微妙な頭痛はします。

鼻が詰まった感じもあり、のどの痛みもかすかにあります。いくらなんでもこれがワクチンの副反応なわけはなく、どっかで風邪をもらったのかもしれません(え?コロナかもって?)。

f:id:bifum:20210829145634j:plain

8月29日、砥上岳からの帰路、「くりぬき溝」の案内板に気づきました。
f:id:bifum:20210829212559p:plain

江戸時代の村は、田舎ではかなりの数、いまも大字として残っています。1810年に丘陵にトンネルを掘り、ため池までの導水を完成させたとあり、どのような経路なのか皆目見当がつかなかったので、いずれ再訪して確認してみたいと考えていました。

この数日、ほとんど横になって本を読んで寝ているだけだったせいか、鬱々としてきます。晴れた日に外に出ないのは、精神衛生上よくありません。

とはいえ、まだどうもだるさが残ります。午前中に別件を済ませたあと昼寝して、15時半に家を出ました。夕方近くになれば、真昼間より涼しいでしょうしね……。

f:id:bifum:20210904155059j:plain

今回も曽根田親水公園の駐車場に停めさせてもらい、ここから歩くことにしました。さすがに夕方になり、お客さんはほとんど帰られたようです。

f:id:bifum:20210904191452p:plain
f:id:bifum:20210904190551p:plain

今回はどうしても見づらくなるため、GPSの経路等を書き込んだ地理院地図と元の地理院地図の両方を並べて掲載します。

薄紫が、曽根田や三牟田地区を歩いていれば誰でも見たことがある水路であり、てっきりこれが「くりぬき溝」だと思っていました。

f:id:bifum:20210904164424j:plain

ただ、これだと案内板の絵と違い、まったくくり抜いていません。あきらかに間違っているのですが、目の前に水路があるため、つい誘導されてしまいました。

f:id:bifum:20210904160434j:plain
f:id:bifum:20210904160519j:plain

案内板の下を潜る水路を追って、曽根田交差点のほうへ歩きます。

f:id:bifum:20210904160740j:plain
f:id:bifum:20210904160822j:plain

曾根田交差点と下曽区集会所のある辺りで、進路は三牟田地区側に折れます。

これ、簡単だったなと思った次の瞬間、このまま行っても大村池の堤防の高さに届かないことに気づきました。

f:id:bifum:20210904161715j:plain

とりあえず大村池まで歩いてみました。やっぱりこの水路をそのまま追っても、池にはたどり着きません。重力に逆らって逆流する水なんて存在しません。

ではいったい?くりぬき溝とは?

f:id:bifum:20210904161824j:plain

こういうときは、ため池で流入口を探し、そこから追っていくのがいちばんです。大村池にあがったのは、三牟田天満宮を訪問したとき以来でした。水路への取水口のさきになにかコンクリートが見えます。あれが流入口のようです。

f:id:bifum:20210904161922j:plain
f:id:bifum:20210904161941j:plain

流入口となにかの石碑があり、そしてグレーチングの溝が、三牟田天満宮の参道のほうへつながっています。

f:id:bifum:20210904162043j:plain
f:id:bifum:20210904162050j:plain

以前にもこの天満宮は訪問しているはずなのに、なにかの側溝だろうと深く考えず無視してしまいました。大村池の流入口は、ここにつながっています。

f:id:bifum:20210904162100j:plain

たしかに、水管が埋められていてもおかしくない地形です。さらに歩いてみました。

f:id:bifum:20210904162148j:plain
f:id:bifum:20210904162258j:plain

途中からは、コンクリートの蓋がある水路となります。おそらく民家を横切っているのでしょう。立ち入ることはさすがにはばかられ、いったん戻って市道を迂回しました。

f:id:bifum:20210904163247j:plain
f:id:bifum:20210904163258j:plain

地域の納骨堂にむかう道の途中にも、側溝があります。反対側にも水管が埋められているのでしょうか?

f:id:bifum:20210904163706j:plain

また集落内の里道を迂回してみると、ここからなかなかの水が流れる音がします。

これだけの水の音がしているなら導水なんて要らないだろうと思うのですが、やはり水不足のときはこれでも池に貯めるには、足らなかったのかもしれません。

ここまで跡を追って、案内板がある地点より、ここのほうが標高が高いことに気づきました。水は重力に逆らいませんから、あの案内板の位置は、始点ではないということです。

f:id:bifum:20210904164241j:plain
f:id:bifum:20210904164741j:plain

県道595号に戻り、案内板を過ぎてさらに坂根集落や親水公園側に向かって歩きます。途中、以前から庚申塔が2つあるのに気づいていましたが、あらためてよく見ると、その横で水管が上下2段になっています。

f:id:bifum:20210904165018j:plain

この奥がどうなっているか歩いてみましたが、防空壕跡のような穴があるだけで、その先は不明でした。というより、地面がべちゃべちゃで滑り、歩けません。

おそらくこの先が「くりぬき溝」なのだろうと見当をつけて、ではどこからこの水路は発しているのか、上流に向かって歩き、確認することにしました。

f:id:bifum:20210904165335j:plain

朝倉郡筑前町曽根田 八幡宮・高木神社 - 美風庵だより

以前訪問した曽根田地区の八幡宮や高木神社があるあたりで、二つの水路が分岐していました。ここが最初の水門のようです。途中、複数の水門がありましたから、おそらく開け閉めしながら利水を行い、農閑期に大村池に水を貯めていたのでしょう。

今回歩いて、おそらくこうだろう、と思った結果を、地図に「想定経路」として記載しました。

f:id:bifum:20210904165853j:plain

親水公園まで戻り、途中気づいた寺院跡を訪問してから帰宅しました。

なお、今回の経路は資料記録に基づくものではありませんので、大いに間違っている可能性があります。資料等ご存じのかたがおられましたらご教示いただけると幸いです。