美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

新宿つな八 銀座店




 
知人に教えてもらい、お昼、こちらで「上天麩羅膳」というのをいただきました。
・海老二尾
・いか
・はまぐり
・スズキ
・なす
・とうもろこし
穴子
かき揚
・トマトの冷製スープ
・ごはん
・お漬物
・味噌汁
だったと思います。たぶん。
 
まあ、おぢちゃんのなかでは、
高級天ぷらというのは、
「大豆油とか軽い油で、低めの温度でじっくり揚げて、衣があるかないかで、塩で食う」
ものだと思ってたんですね。
ところがどっこい。
油っこかったり重かったりしないけど、
油はしっかりしてる(ごま油?)し、
油の温度が高いのか、黄色いし、
カリッとしてるし、
濃い目のつゆで食うとちょうどいいタイプ。
 
お店としては、塩で食ってほしい感じなんだけど、いや、これは塩で食うには少し油が主張しすぎてますよ。ええ。
 
いや、たまにこういうのに出くわすので「なんだろな?」とは思ってたんですが、東京の天ぷらってのが、こういうタイプだったんですね(^_^;)
 
勉強になりました。