美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

九響演奏会に行ってきました(^^)v

27日の定期演奏会に行きそびれたので、今日は本当に久しぶり、たぶん十数年ぶりに石橋文化センターで久留米定期演奏会をきいてきました。
いや。石橋文化センターって本当に久しぶりだけど、アクロスの風呂場音響に慣れきってるせいか、楽器の音がよくわかってなかなか面白い。こんなに丸裸のホールだったとは(^_^;)
 
ひとつ気になった点を。指揮者のかた、すごく腕をぶん回して元気というか、積極的なのはいいけれど、雑に聞こえる。
なんでだろう?と帰り道、西鉄久留米までバスに乗りながら(バス停2つくらい歩けって?)考えたんですが、結果としてどう見られるかがまだ見えてないというか、職人でもなく老練でもなく天才でもない姿というか、途上なんだなあ、と。
ところどころ早いのも意図するところなのか、感極まって走っちゃったのか、どうもわかりにくい。やりたいことをやってます、というだけでなく、もっとその先になにかがないと、指揮者ってのは、たぶんつとまらんのじゃないかと……。
ただ、スジはいいんだと思います。これからも来日してくれるでしょうし、聴く機会も増えるでしょう。
10年近く前、ある指揮者をぬるい、とこき下ろして、2,3年前に久しぶりに聴いたら別物でしてね。あんまりこのテの感想って後で読み返して恥かくことが多いから、書かないようにはしてるんですけどね(^_^;)まあ、今日はご勘弁を。

                                                                              • -

http://kyukyo.or.jp/cms/3487
 
第6回久留米定期演奏会
 
曲目
デュカス/交響詩魔法使いの弟子
ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26
ベートーヴェン交響曲 第7番 イ長調 作品92
指揮 シーヨン・ソン
ヴァイオリン 成田 達輝

                                                                              • -