美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

12月21日の日録

生活困窮者です。

f:id:bifum:20201221184855j:plain

〈タワレコ限定・高音質〉ノイマン最後のドヴォルザーク(交響曲第7-9番、スラヴ舞曲)( SACDハイブリッド) - TOWER RECORDS ONLINE

ヴァーツラフ・ノイマン/ノイマン 最後のドヴォルザーク~交響曲第7番、第8番、第9番「新世界より」、スラヴ舞曲(全16曲)<タワーレコード限定>

今日は、2時間ほど早引けさせていただき、郵便局で年賀状を20枚買ってから、町内会の不燃ごみ収集の当番で、地元のお宮に2時間ほど立ちました。

ごみ収集当番が終わった後、コンビニでCDを受け取り、帰宅しました。

まず、「スラブ舞曲集」をWX-051で聴いています。解説を読むと、この録音が(あくまでも愛好家の世界で)一世を風靡したレコーディングエンジニア 江崎友淑氏のデビュー作だったようで、そういう意味でも懐かしく聴くことができます。

江崎氏の仕事については、ホールトーン含めた記録としての意味合いが強いため、それを嫌うむきも多かったと記憶しています。ただ、こうやって後年聴き直してみると、追体験しやすい、耳に入りやすい音なのはたしかで、或る意味、画期的だったからこそ叩かれたのかもしれません。