美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

2月16日の日録

生活困窮者です。

生活が苦しいのに先日から断捨離をしています。

現在、CDについては、購入してすぐiTunesをつかいALAC(apple lossless)形式でリッピングし、NASにデータとして保管したものを聴いています。CDプレイヤーから直接聞くのは年に何回あるか、という状況ですから、コレクションとして所持し続けたいもの以外は、ぜんぶ買取に出しても事実上問題なかったわけです。

ではなぜ貯めこんでいたかというと、CDが原本という意識がどこかにあったからに違いありません。iTunesリッピングしてiPodに保存したaacやmp3の圧縮ファイルは、劣化複製であり、もし気に入らなければ、CDから再度取り込めばよい、と考えていたのです。

CDの汚れ - 美風庵だより

ところが、所有しているCDのうち古いものに、劣化がみられるようになってきました。ポリカーボネート板に傷がついたりしなくても、何故かアルミの膜が薄くなったり、ひどいときには穴が空いたりしています。

3月3日の日録 - 美風庵だより

NASを購入し、ぜんぶ可逆圧縮方式であるALACで約半年(2019年10月〜2020年3月)かけて取り込みなおしたのが、約1年前でした。この時点で洗剤で掃除しても盤面が読み取れなくなったものが数枚ありました。もしリッピングし直す決断が数年遅れていたら、もっと被害が出ていたのではないか、と思います。

本も、ここ最近は電子版をiPhoneで読むことが多く、紙の本は、電子版が出ていないものしか買わなくなりました。過去の名著が電子版で再販されることも多く、ほんとうに好きな作家の作品だけを紙の本で所蔵しておき、普段は電子版のほうを流し読みする(笑)という状況が実現してしまっています。
 

f:id:bifum:20210216183535j:plain

断捨離の最中で発見した2003年当時に仕立てた背広を、ふたたび仕事場に着ていくようになりました。2か所ほど裏地が擦り切れていますが、着られるものは使わないと、もったいありません。

当時仕立てたダークスーツや夏用の背抜きも出てきましたので、これらも使いたいと思います。よくおカネがあったものですね……。