美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

白坂越えを歩く(2)

最初は過去の投稿を削除し全面的に書き直す予定でしたが、まずは調べた範囲を公開し、後日、すべてまわったうえで再編集することにしました(総集編ってやつですね)。

白坂越えはどこを指すのか。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bifum/20210727/20210727181137.jpg

大日本郡分地図 : ポッケット入最新調査. 福岡県の部 - 国立国会図書館デジタルコレクション

先日、白坂越えについて書いたところ、経路が違うのではないかと指摘をいただきました。

その後も資料をながめたり詳しそうなかたにお話を聞いたりしていくと、どうやら「秋月街道」とされた公式経路と、年貢米の搬送経路が別にあったことに気づきました。

それをまとめたのが上記の図です。「秋月街道」とあるのを奇異に感じるかたも居るかもしれません。秋月街道とは、小倉から香春、大隈、千手を抜けて秋月に至る道ではないのか?と。ところが資料を読むと、飯塚市の天道や桂川から秋月に至る道は、秋月街道として出てくるのです。

おそらく、黒田領であった飯塚市の天道や桂川側からみれば、秋月に至る道といった意味で「秋月街道」と記していたのかもしれません。

ただ秋月藩領内では目的地が違いますから、秋月街道と白坂越えを分けて呼ぶ必要がありました。白坂越えとは、いまの県道66号の白坂峠を経由して古処山地の南北をむすぶ道であったと、ひろく解釈したほうが、実態に沿うのかもしれません。

八反田舟入場から内山田までを調べてみる。

f:id:bifum:20210912201518j:plain

今回は、年貢米搬送経路を折りたたみ自転車と車で調べてみました。GPSで記録した自転車の走行経路のうえに、太い青線で描いたのが、八反田舟入場から旧泉河内小学校の横を通り、君ヶ畑に向かう経路です。

八反田舟入場

「道の駅うすい」に駐車させてもらい、折りたたみ自転車を組み立てて、まず、八反田舟入場から、白坂越えを探る旅をはじめました。

その他の文化遺産(未指定文化財) - 嘉麻市ホームページ

八反田舟入場跡(秋月藩の米積出し場)
江戸時代に秋月黒田藩の領地となった上臼井地区には、年貢米を大阪の市場に運び出すための秋月藩の蔵屋敷と舟入場が置かれていました。

(略)
舟入場の開設により、夜須方面の年貢米も峠を越えて持ち込まれるようになり、その数3万俵に及んだということです。

f:id:bifum:20210912105239j:plain
f:id:bifum:20210912105354j:plain

むかし八反田舟入場があったとされる場所は、荷役のしやすい船着場を模したつくりになっていました。舗装されたりしていますので、おそらくは後世、むかしの船着場をイメージして改修したものでしょう。増水したときにも、川の水が少ないときにも船に取り付きやすいよう、石段で川のなかまで下りられるようになっています。この辺りは、むかしの記憶をとどめるために残されているのかもしれません。

f:id:bifum:20210912105545j:plain

米蔵跡の水神社は、道も境内も雑草だらけでした。なんとかなかに入ることができました。

f:id:bifum:20210912105612j:plain
f:id:bifum:20210912105715j:plain

鳥居もつたにからまれ、扁額を読むのがやっとです。旧碓井町時代につくられた舟入場の案内板も、つたにからまれて最初は読めませんでした。一本ずつ引っ張って引きちぎり、なんとか案内板を撮影することができました。

この案内板では、寛政7年(1795年)に舟入場が完成したとあります。秋月藩の藩屋敷は1689年に黒崎に移転していますから、ここから芦屋経由で黒崎まで船運で運び、黒崎湊から上方に運んだのでしょう。

芦屋から黒崎に藩屋敷を移転した理由はいろいろあるようですが、海流の関係で芦屋は使いづらく船乗りから嫌われていたという話もあります。黒崎湊から洞海湾を抜けて瀬戸内海に入るほうが、はるかに安全だったということでしょうか。

f:id:bifum:20210913001051p:plain

江川 (福岡県) - Wikipedia

東は洞海湾に注ぎ、西は遠賀川河口に合流する感潮河川である。全区間で潮位の影響を受ける。 人工開削による運河ではなく、元々は洞海湾と響灘を結ぶ海峡であった事から、水源の無い両側に河口があるという珍しい河川となった。江戸時代、堀川が開削されるまでは、筑豊炭田で産出した石炭が「川ひらた」または「五平太船」と呼ばれる船で運搬されていた。 

また、芦屋から黒崎は、川でつながっています。遠賀川からの水運があった点も、大きかったと思われます。

八反田舟入場~嘉麻市九郎原

f:id:bifum:20210912202547p:plain

八反田舟入場から、まずは嘉麻市立碓井小学校や妙見橋の辺りで千手川に合流する地点までを目指します。

f:id:bifum:20210912110122j:plain
f:id:bifum:20210912110231j:plain

米軍が1947年に撮影した航空写真と地図を見比べ、おそらく日吉神社前を通っていたものと見当をつけました。途中で右折し、県道を横切ります。

f:id:bifum:20210912110433j:plain

集落内の路地を進んでいきます。離合も困難な道ですが、むかしはこれがメインストリートだったのでしょう。

f:id:bifum:20210912110550j:plain

嘉麻市立碓井図書館や織田廣喜美術館を横目に見ながら、直進します。この道は、1947年の航空写真でも真っ直ぐ伸びており、メインストリート扱いだったことがわかります。

f:id:bifum:20210912110932j:plain

妙見橋が見えてきました。右横は千手川です。川に合流することが出来ました。

f:id:bifum:20210912111113j:plain
f:id:bifum:20210912111150j:plain

妙見橋の辺りまでくるとそこそこ川幅も広く、ここから船運が使えたようにも思えるのですが、これより上流は蛇行がひどく、さすがに無理だったろうと思えてしまいます。

碓井小学校と千手川にはさまれた市道?を自転車で進んでいきます。右はどうやら小学校の実習田のようです。

f:id:bifum:20210912111627j:plain

千手川の甌穴群 - 嘉麻市ホームページ

甌穴とは、河底や河岸にできる円形の穴で、「ポットホール」とも呼ばれます。
千手川が大きく蛇行する上臼井地区には、2、3mの厚さの砂岩に、大小50基を超える甌穴が分布しています。
これらの甌穴群は、現在も発達を止めておらず、中には、直径1m、深さ2.5mにまで達する例もあります。
現在、千手川の甌穴群は、江戸時代の文献に残る「末永石地区」、「はなぐり石地区」の2箇所が福岡県の天然記念物に指定されています。

f:id:bifum:20210912111706j:plain
f:id:bifum:20210912111700j:plain

ほんの数分走ったら、さきほどとはうって変わって川は蛇行し、一部はほぼ直角に曲がっています。ちょっと上流に来ただけでこうも違うのかと驚きます。

f:id:bifum:20210912111950j:plain

赤松尾ため池側に向かう道との交差点に出ました。

今回の最難関は、じつはここでした。

古い航空写真などをだいぶ眺めたのですが、ここから九郎原につながる経路がわからないのです。おそらくここで橋をいったん渡り、千手川沿いを九郎原に向かっているのだろうとおぼろげに見当はつくのですが、もっと下流側に橋が架かっていたようにも見えます。

f:id:bifum:20210912112320j:plain

地図や航空写真を見返しながらしばらく思案していると、かまバス(市営のコミュニティバス)がやってきました。これ、てっきり系統ごとにカラフルな色遣いをしているのかと思っていたら、どのバスもぜんぶ赤です。

ああ、「あ」「かまバス」、「赤」「まバス」。

なるほど、現職市長の名前を、市内を走り回って市民に広告宣伝しているわけですね。公職選挙法には引っ掛かりませんし、うまいこと考えましたね……。

f:id:bifum:20210912112503j:plain

そんな冗談は置いとくとして、おそらくこの砂利道が古い街道の名残に思えます。間違っているかもしれませんので、控えめに掲載しておきます。

砂利道を通るとタイヤが傷みますので、折りたたみ自転車は県道に出て、九郎原を目指します。

f:id:bifum:20210912112941j:plain

県道413号にかかる九郎原橋の手前で左折すると、嘉麻市九郎原地区に入ります。

旧九郎原バス停
f:id:bifum:20210912113051j:plain
f:id:bifum:20210912113119j:plain

軽トラが停まっているあたりは、むかし西鉄バスの転回場でした。2004年3月まで、ここに「九郎原」バス停があり、飯塚から天道駅を経由して一日数本、ここまで西鉄バスがやって来ていました。

この路線は今は亡き大隈営業所の担当だったのですが、一本だけ、飯塚営業所の便があったはずです。飯塚バスセンターから稲築経由で大隈に向かう始発便がそれで、大隈経由で大力(千手)行きのバスとなり、大力から九郎原まで回送?して、九郎原から碓井・天道駅を経由して飯塚営業所に戻っていました。

細い路地をうまく丁字路のように使って、バスを待機させる姿は運転手さんのテクニックに感心したものです。

f:id:bifum:20210912220346j:plain

https://aucfree.com/items/k368904842

26:九郎原

インターネットになにか当時の画像はないか探したのですが、このくらいしか探し当てることができませんでした。

九郎原~嘉穂才田

f:id:bifum:20210912113209j:plain

バス停の先で右折し、九郎原の集落内に入ります。

f:id:bifum:20210912113541j:plain

嘉麻市九郎原 愛嶽神社 - 美風庵だより

平坦な道のりで数分もせず愛嶽神社の前にたどり着きました。そのまま嘉穂才田地区の枝国集落に向かいます。

f:id:bifum:20210912113819j:plain

これまた2,3分ほどで枝国公民館前に到着です。

ここで、どうやら道を間違えていることに気づきました。このままだと長谷山方面に行ってしまいます。それに、県道のほうへ戻ろうとすれば、坂があります。敢えて坂を越える経路を設定するでしょうか?

地図とにらめっこするのですが、いまの地理院地図をいくら眺めても、手前で道の分かれている場所はありません。

f:id:bifum:20210912221747p:plain

ただ、古い地図と航空写真からだと、赤線から青線に行けるはずなのです。

f:id:bifum:20210912114104j:plain
f:id:bifum:20210912114119j:plain

引き返してよく見ると、なんと洗い越しがあるではありませんか。

すでにほかの道が整備されて誰もつかわなくなってしまい、一部は個人の土地になってしまっているようです。

f:id:bifum:20210912114444j:plain
f:id:bifum:20210912114649j:plain

さすがに洗い越しを自転車で渡るわけにはいきませんので、ちゃんと舗装された道まで引き返し、内山田方面を目指します。

しばらく走って車を取りに行くのが面倒になると考え直し、いったん引き返すことにしました。

桂川町内山田地区周辺

f:id:bifum:20210912124438j:plain

「道の駅うすい」の駐車場まで車をとりに戻り、折りたたみ自転車を積み込んだあと、昼食をとって、桂川町の内山田公民館に向かいました。

f:id:bifum:20210912124404j:plain
f:id:bifum:20210912124632j:plain

ここはむかし、西鉄バスの「内山田」バス停があったところです。

25:内山田

ちょうど車を停めさせてもらっているところにバス停が立っており、公民館の裏手から右折して進入し、ぐるりと回って乗降させ、今度は県道から左折して飯塚に戻っていました。

いまは桂川町のコミュニティバスのバス停が立っています。このバス停の立ち位置だと、おそらく交差点で右折して乗降扱いしているのでしょう。ちょうど逆回りということになります。

f:id:bifum:20210912224646j:plain
f:id:bifum:20210912225045p:plain

https://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=166081

この場所は戦後大幅に道が整理されています。1947年(昭和22年)の米軍撮影の航空写真と見比べればわかりますが、県道がクロスする内山田交差点がありません。

しかも、いまだと真っ直ぐ伸びている道が、なぜかXに交差しています。これはいったい……。

f:id:bifum:20210912125000j:plain

九郎原地区や泉河内地区に親戚が居るうえに、前の仕事場時代はほぼ毎日通っていたくせに考えもしませんでしたが、自転車で該当する部分にたどり着いてみると、理由がわかります。高さを稼ぐために、つづら折りになっているではありませんか。

現代のようにエンジンの馬力で坂道をよじ登れる時代ではありません。つづら折りで距離は伸びても、傾斜を緩やかにしていたのです。

f:id:bifum:20210912125048j:plain
f:id:bifum:20210912125210j:plain

旧道のつけ根の辺りから、坂を登りきり迎原集落との分岐まで、おおよそ高度10mの違いがあります。鉄筋の建物で3階建て相当です。なかなかきついものがあります。

f:id:bifum:20210912125354j:plain
f:id:bifum:20210912125414j:plain

車の離合ができるように拡幅された現道と、古い道がXの形状で交差しているのがわかります。君ヶ畑に向かう道と、内山田を経由して弥山に向かう道が、ここで分かれていました。

f:id:bifum:20210912125707j:plain
f:id:bifum:20210912125913j:plain

泉河内川にかかる迎原橋を渡ると、内山田の集落に入ります。

集落を抜ければ、左手に車を停めさせてもらっていた内山田公民館が見えます。

複雑な道は、架橋する技術がなかったから?

おそらく今回の肝は、内山田地区の道が、いかに戦後整理されたかという点でしょう。

いまは内山田交差点でクロスし、そこに道が集約され各地に向かうようになっています。しかし、むかしはそうではありませんでした。

(1)八反田舟入場から九郎原・才田を経由して、君ヶ畑に向かう道

(2)(1)と迎原の手前で分かれ、内山田集落を横切り弥山へ向かう道

(3)泉河内から内山田を経由して桂川・土師へ向かう道

と、各方面への道が複数伸びていた理由は、おそらくは蛇行する泉河内川に上手に架橋する技術がなかったからではないか?という気がします。