美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

うきは市吉井町若宮 月読宮(月の岡古墳)


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20210403104830j:plain
f:id:bifum:20210403104800j:plain

吉井町若宮の若宮八幡宮に隣接して、月の岡古墳があります。月読宮が建てられているのは、月の岡古墳という名称からの連想でしょうか。月読命とは、天照大神・高木大神(高皇産霊神)夫婦と仲間割れする前の大山祗の名前であり、二田物部(現、久留米市田主丸町益生田地区二田集落)が根拠地のひとつであったことを考えると、なかなか興味深いものがあります。

そして、若宮八幡宮の主祭神が正八幡である大幡主と仮定した場合、隣接地に盟友が昔の名で祀られていることも「わかっている」ひとがむかしは居たことを示しているのです。

福岡県神社誌:中巻207頁
[社名(御祭神)]八幡神社(応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、三女神、埴安姫命)
[社格]県社
[住所]浮羽郡千年村大字若宮字高林
[境内社(御祭神)]日岡神社、月岡神社、豊受姫神社、琴平神社、猿田彦神、大三輪神社、高良神社、保食神社、天満神社、磯崎神社、春日神社、稲荷神社、大山咋神社、若宮神社、祖霊社
[摂社(御祭神)]記載なし。
[末社(御祭神)]記載なし。
(2021.04.03訪問)