美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

鎌倉市山ノ内 葛原岡神社


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

www.kuzuharaoka.jp

f:id:bifum:20191215081625j:plain

f:id:bifum:20191215082007j:plain
f:id:bifum:20191215082223j:plain

12月15日の日録 - 美風庵だより

12月15日に訪問しました。日野俊基を祀るために明治に創建された神社なのですが、境内などで「縁結び」の強力なアピールがなされています。
どうやら縁結び祈願の対象は、参道脇にある男石・女石の御利益のようで、ハート型の絵馬が絵馬掛けに並んでいます。
 
つぎの鶴岡八幡宮にむかう途中に、化粧坂切り通しがあります。立原正秋の小説「残りの雪」で、ヒロインの里子がこれからどう生きるかを悩みながら登る坂を、ちょうど逆側から下るかっこうです。

f:id:bifum:20191215082850j:plain
f:id:bifum:20191215083227j:plain
f:id:bifum:20191215083322j:plain
f:id:bifum:20191215083449j:plain

どうでしょうか。鎌倉市街から徒歩ルートで家に戻る最短経路とはいえ、これを和服で登るとは少々無理がある気がしませんか。
おそらく、最初からこんな道ではなかったのだと思います。実際に歩いてみると判りますが、雨の浸食で長い年月をかけてこのような姿になったものです。

赤貧がはじめて訪れた20年以上むかしは、もっと歩きやすい坂だった気もします。地元民では無いため、記憶違いの可能性もあるのですが……。

(2019.12.15訪問)