美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

久留米市高良内町 赤星神社(妙見宮)


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 

f:id:bifum:20200505142427j:plain

f:id:bifum:20200505142559j:plain
f:id:bifum:20200505142530j:plain

福岡県神社誌では赤星神社とされていますが、現地を訪問すると「妙見宮」の扁額が掲げられています。御神紋はどうやら輪宝紋のように見えます。妙見宮なのに?と少々疑念がわき、神社の本殿を拝見しようと裏手にまわると、千木は男千木です。

つまり、妙見宮と言いつつ、天之御中主を中心に祀っている神社ではないらしいのです。

福岡県神社誌の言うとおり天津赤星(あまつあかぼし)とすれば、何故ここが妙見宮に上書きされたのかを、探る必要があります。境内をみると、福岡県神社誌では雷神社があることになっていますが、実際にあるのは龍王大明神の石祠です。つまり、豊玉彦が祀られているとみることが出来ます。

すると、本殿に祀られている天津赤星とは、天之御中主や豊玉彦に関係がある者だろうと、容易に想像がつくのです。豊玉彦からみれば、父 大幡主の長姉が天之御中主であり、いわばおばさんにあたります。どうやら、天津赤星は、饒速日(にぎはやひ)に従って行動しただけでなく、豊玉彦や天之御中主の一族らしいのです。

その家系から、高良大社(高良玉垂宮)の大祝(おおほうり)が出る……。

どうも混乱してきました。もう少しじっくりと、考えてみなければ……。
 ----------------------------------------
福岡県神社誌:中巻162頁
[社名(御祭神)]赤星神社(筑紫弦田物部祖天津赤星)
[社格]村社
[住所]三井郡高良内村字坂口
[境内社(御祭神)]天満神社(菅原神)、雷神社(八雷神)
----------------------------------------
(2020.05.05訪問)