美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

筑紫野市常松 三郎天神社


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200121151526j:plain

f:id:bifum:20200121151607j:plain
f:id:bifum:20200121151627j:plain

現地を訪問すると、コンクリート造のまだ新しめの社殿でした。

梅鉢紋が打たれている本殿の扉を見て(また菅公か……)と思ったのは内緒です。

福岡県神社誌を現地で再確認して驚きました。なんと御祭神は埴安命(別名 タノカンサー)こと、大幡主です。

朝倉郡筑前町曽根田 天満宮(三郎天神) - 美風庵だより

三郎天神という名前の神社はほかにもあって、赤貧は2019年9月に筑前町曽根田の三郎天神社に訪問しています。こちらは、福岡県神社誌では菅公を祀る天満宮とされていました。

三郎天神(=大幡主)、地禄天神(=大幡主)、水天神(=豊玉彦)といった「天」を含む神々の名前をみていると、もともと神はすべて天神であったことがわかります。

天津神(あまつかみ)・国津神(くにつかみ)と区別して一段下の神々を作ったのは、現王朝によるレッテル貼りにほかなりません。まさに「勝ち組」と「負け組」です。

神々ですら格差社会を体現しています。

境内には、3つの境内社があります。正面手前から、八幡宮薬師如来地蔵菩薩弘法大師、十一面観音がおさめられています。おそらくこの八幡宮は、隣接する諸田地区の藤原八幡神社と同根なのではないでしょうか。応神天皇につながる(奉斎する)一族が、隣接する常松地区にも住んでいたのでしょう。
----------------------------------------
[福岡県神社誌(抄)]中巻64頁
[社名(御祭神)]三郎天神社(埴安大神)
[社格]村社
[住所]筑紫郡筑紫村大字常松字内畑
[境内社(御祭神)]宇賀神社(宇賀神)、八幡神社応神天皇
----------------------------------------
(2020.01.21訪問)