美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

久しぶりの現金

赤貧です。
 
あいかわらず管理組合と町内会の役員を押し付けられております。管理組合と町内会で委託契約を締結し、その契約にもとづいて区費(町内会費)の徴収(口座引落)をやっていたわけです。振込手数料の関係で、管理組合から町内会へは年1回払とする話をしていたのですが、かんじんの郵便局で、10万円を超える振込は法人格の確認等が必要とのことで蹴られ、手続きが間に合わず宙ぶらりんになったおカネを、管理会社からことづけられ、町内会役員のところに持参しました。
 
30万円も入った銀行の現金袋を持つのは、いったい何年ぶりでしょうか。ひごろネットバンキングを利用しているため、おカネが動くことはあっても、数字のうえの話ばかりで、まったく実感がありません。
 
ああ、やっぱり貧乏はにくいです。かといって月給取りに逆戻りしてしまったいま、劇的に儲かるという可能性もなし……。