美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

久留米市合川町 糸丸稲荷大明神


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20220327155640j:plain

戦前の地図には鳥居マークがあるのですが、福岡県神社誌では見つけることができません。福岡県神社誌中巻183ページに掲載されている、住所が三井郡合川村大字合川字西屋敷の「天満神社」の項に、稲荷社を明治43年(1910年)に合併許可とあります。どうやら、書類上はさきに訪問した市ノ上天満神社に統合されていたことがわかります。

f:id:bifum:20220327155901j:plain
f:id:bifum:20220327155842j:plain

社殿はまだ新しいサイディング張りのもので、社殿内のお榊はまったく傷んでおらず、コップでお供えされた水もきれいなものでした。毎日、どなたかが奉仕されているようです。

f:id:bifum:20220327155654j:plain

正面向かって右手に金丸稲荷さんと大学稲荷さんが祀られていました。

金丸稲荷さんと大学稲荷さんのお宮をよくみると、寄進者は佐賀県鳥栖市のかたでした。

寄進者のかたがたは、この旧三井郡合川村(現久留米市合川町)にご縁があって、現在は佐賀の鳥栖にお住いのかたなのか、このお稲荷さんたちが佐賀の鳥栖まで信仰があるのかまでは、これだけでは判断がつきません。

ただ、3者とも丁寧に奉仕がなされていることに感心するばかりで、もしかすると多くの信仰をあつめるお稲荷さんなのかもしれません。

福岡県神社誌:記載なし(発見できず?)
[社名(御祭神)]?
[社格]?
[住所]?
[境内社(御祭神)]記載なし。
(2022.03.27訪問)