美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

複雑な心境



台湾でも安倍元首相追悼 総統府に半旗 写真14枚 国際ニュース:AFPBB News

【7月11日 AFP】安倍晋三(Shinzo Abe)元首相の死去を受け、台湾では11日、総統府などに半旗が掲げられた。

いっけんすると日本の元宰相の死を悲しんでくれているというわけで、日本人として悪い気はしません。

中国による台湾武力侵攻、日米の有事に=安倍元首相 | ロイター

[台北 1日 ロイター] - 安倍晋三元首相は1日、台湾のシンクタンクが主催するフォーラムでオンライン講演を行い、中国が台湾に武力攻撃すれば日米同盟の有事になるとの認識を示した。
尖閣諸島(中国名:釣魚島)や先島諸島、与那国島などは台湾から100キロ程度しか離れていないと指摘し、台湾への武力侵攻は日本に対する重大な危機を引き起こすと述べた。

こうした事態は日本の有事で、日米同盟の有事でもあるとし、「この点の認識を北京の人々、とりわけ習近平主席は断じて見誤るべきではない」と語った。

ただ、この行動はあくまでもアベベのこの姿勢を評価したものです。

この構図、どこかでみましたね。ウクライナです。反共な民主党のバイデンさんがけしかけて、プーチンさんキレて、やらかしました。

そして、こっそり民間軍事会社は送ってるかもしれませんが「武器は支援するが兵隊は送りません」とバイデンさん議会で表明して、おもいっきりハシゴを外して、現状もグダグダとなっています。

戦う姿勢は呑み込まれないためには必要でしょうが、自衛隊さんを中共の台湾侵攻に送れるほど兵力ありましたっけ?

世界の軍事費 国別ランキング・推移 – Global Note

振り向けば韓国で、かりに倍に増額できてもまだ中共の半分にもおいつきません。

これ、頼られてもどうしようもない話なんですね。残念ながら圧倒的に物量も人員も足りません。

アベベのアタマのなかにはカミカゼが吹いていたでしょうが。

第七艦隊が本格参戦してくれないかぎり、殴り合いすら成立しません。

中国メディア:台湾の国民党が暗殺された安倍元首相のために国旗を半旗にしたが、中国人の同意は得られない - 黄大仙の blog

喜ばしいことではあるけれど、案の定の中共の反応です。

極左冒険主義という、いちかばちかの暴力革命で国家をのっとってやろう、という言葉があります。あきらかにアベベは極左ではないけれど、冒険主義です。

日米同盟の核の傘の下でなんとか生き延びている現状で、親分ぶってる場合かとおもったのですが、こういうところに、影響があったとは……。

あるべき姿は、自主国防かつ核保有なんでしょうが、それはアメリカの支配が弱まるということ。確実に政権つぶされます。指導者がCIAに暗殺されるかもしれません。

また、それだけの軍事費と社会保障費はMMT信者でもないかぎり両立しませんから、年金削って医療保険の負担割合増やしますなんてことになれば、シルバー民主主義の高齢者層が反乱起こして、自公政権が崩壊します。

どっちを向いても危ない綱渡り。アベベさんどうするつもりだったんだろう?