美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

7月13日の日録



むしろ喜ぶべきニュース(゜゜)

「祝逝去」「抗日英雄」安倍元首相銃撃事件に沸く中国ネット民の声(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース

安倍晋三元首相の訃報から一夜が明けたばかりの7月9日、中国湖南省のとあるドリンクスタンドには、こう書かれた横断幕が掲げられた。
「祝安倍逝去 一杯買ったら一杯無料」
この横断幕の写真が中国のSNS「微博」にアップされると、約3時間で2万越えの「イイネ」がついた。

こういうのを読んで中国人を非難しているひとがいます。

どうでしょうね。

基本的には、彼らは日本を仮想敵国として教育をうけたかたがたでしょうし、敵視している方々から祝賀されるほどにくい人物だったということは、(いろいろ聞いているので個人として手放しでほめる気はありませんが)誇るべきでしょう。

敵視しているひとが悲しむということは、みずからの利益になる者を失った、もしくは、つごうのよい人間が去った、ということです。味方からみれば、頼りにならない・売るかもしれない奴、ということ。

スポーツの世界じゃあるまいし、敵・味方両方に愛されるなんてことは、ありません。

政治はカネを奪い合い、ひとが死ぬ世界です。

アベベではありませんが、政敵側(民主党側)を支援したばっかりに、地方銀行に手がまわり、融資の一括返済をもとめられたひととか、いますからね。

個人的にひそかに注目しているのは、ウクライナが勝った・プーチン死んだとなったとき、「彼の所業は抜きにして、まずは一国の元首に哀悼を表明します」と書く日本人が多いか、「ざまーみろ!(/・ω・)/死ね死ね!露助なんかやられてまえ!」と書く下衆が多くなるか、その点です。

なんか自分もうっかりすると「ざまーみろ!(/・ω・)/今日はおごりだ!酒持ってこーい!」になって、底辺労働者どころか本物の下衆になりさがるかもしれないという、不安があります。

「人を呪わば穴二つ」と申します。ひとのみちは、踏み外さないようにしましょう。

しのびよる魔の手。

9日から、ずっと知人事務所の或る従業員さんからLINEもなければメールも来ません。事務所に行っている様子もありません。

「とうとう辞めたん?(*´∀`)あんたおこのたろ(=お前いじめたんだろ)?」と訊くと、なんとコロナ発覚して一昨日から自宅療養とのこと。

従業員の彼とはべつに、以前の仕事場を私の1年あとに辞めたかたが居ます。

久しぶりに彼を誘って夕方焼鳥屋にでも行こうとLINEしたら、こちらからも返事がありません。2時間後に返事が来て、コロナで自宅療養中とのこと。

仕事もわからん、話し相手もおらん。あらぁ、どうしよう。

いや、そこが心配じゃなくて、とうとうこんな身近にまで来たかコロナ……。

帰宅途中に寄り道して神社めぐり。

一緒に行動してくれる従業員さんが居ないので、自力で移動しました。

帰り道、そのまま家に帰るだけなので、以前訪問もれだった神社2社に寄り道しました。今回はバス停や駅から歩いていないので、GPSログを表示した地図はありません。

久留米市安武町住吉の荒神社さんに来ました。どこに停めたら警察沙汰にならないのかよくわからず、かなり遠くに停めて歩いたため、たどり着いたころにはタオルが汗でずぶ濡れでした。

藤棚はふつう緑に紫や水色の花がみえるのですが、ここは黒いのです。

あの黒いものがなんなのか、よくわからず藤棚の下をくぐろうとすると、ギャギャギャギャブンブンブンブンものすごいおとがして、黒い集団があちこちに飛び去ります。どうやら日陰に、暑さよけのためセミとハチがみんなで密集していたようです。

髪の毛になにかひっかけられます。

セミのオシッコってやつです。

セミは花木の蜜や樹液を吸って、体内で水分だけ選り分け、飛び立つときに腹から水分を排泄します。これがオシッコで、べつに害はない(もとは樹液や蜜ですから)といっても、歓迎されてない?感が満載です。

みんなで仲良く昼寝してんのにたたき起こされて、歓迎するわきゃないんですが。

いちばん隅の石祠を拝謁させていただくと、竜胆車とも日足紋ともいいがたい放射状のなにかが彫られた御神体が祀られていました。なかなか容姿端麗なのですが、誰なのでしょう?

また駐車場を捜し歩くのもあれなので、そのまま次の、久留米市安武町安武本地区にある 安武八幡神社さんまで歩きます。

ここの拝殿は、1870年(明治3年)に、神仏分離・廃仏毀釈のいっかんで取り壊すことになった高良玉垂宮(現在の高良大社)内の寺院(明浄院)を移築したものとのこと。

いまの地図でいうとだいたいこの辺りにあったお寺(僧坊)だそうで、いまの道でも10km以上あります。バラして運んで組み立てたんでしょうね……。すごいです。

もとは天台宗のお寺なので、輪宝紋がしっかりあちこちについています。

カラスガレイときのこのホイル焼き

帰宅途中、みかけたスーパーでカラスガレイを買い求めました。

煮つけてもよかったのですが、洗いものが簡単なほうがよいため、久しぶりにキノコと一緒にアルミホイルにつつんで、ホイル焼きにしました。

こうやって自力で作っちゃうから、けっきょく食う量が減らないんですよね。いやだいやだ。だからやせない。

youtu.be「痩せない 痩せない 痩せないよ そんだけ食べてりゃ痩せないよ」というこの歌、妙に脳裏に残ってるんですよね。石野卓球さんのふざけた歌いかたもあるんでしょうが。