美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

朝倉市黒川(宮園) 高木神社




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20220205141219j:plain

f:id:bifum:20220205141246j:plain
f:id:bifum:20220205141305j:plain

鳥居の扁額には高木大神とあり、灯篭に彫られた文字は「大行事宮」です。

f:id:bifum:20220205141359j:plain

祭神 高皇産霊神、伊弉諾尊、伊奘冉尊
相殿 五部神(天兒屋根命・大太玉命・天鈿女命・石凝姥命・玉屋命)

この高木神社は江戸時代まで大行事社といわれ、彦山神領の鎮護を目的とした彦山麓七大行事社の一つである。創建の時期は不明であるが、寄進された最古の資料に天文二十三年(一五五四)銘の墨書が確認できる。

高千穂家(現在の英彦山宮司家)に残る記録によると、正慶二年(一三三三)後伏見天皇の第六皇子助法親王、後の助有法親王が彦山座主として九州に下向され、世襲制初代座主に就任したという。翌年には「黒川院」御所を造営し、第十四代舜有座主が豊臣秀吉の九州征伐で降伏するまで、約二百五十年間にわたり、九州における修験道の中心であった彦山と共に、一大宗教都市として繁栄している。

江戸時代に筑前国が黒田領となると、黒田家との関係が悪化し、黒川に残る歴代座主の墓所や栄華を誇った旧跡は、第二代藩主黒田忠之の破壊命令で消滅してしまう。

現在、高木神社では毎年十月二十九日に、福岡県無形民俗文化財に指定された宮座行事がある。行事には中世修験道の要素が色濃く残り、当時の黒川院を物語る数少ない伝承となっている。

現地の案内板にあるとおり、ここは彦山権現の出先としてつくられた大行事社でした。

福岡県神社誌では御祭神を高皇産霊神と五部大神としており、イザナミ・イザナギさんは、記紀神話の都合上(箔付けに)あとから付け加えられたものだと理解していたことがわかります。

五部大神のうち天児屋根命とは、英彦山に鷹の姿で(阿蘇からやってきて)降り立った天之忍穂耳の別名と理解しています。天太玉命は、豊前坊・豊国主であり、ヤタガラスであり、思兼命であった豊玉彦のこと。天細女命は、誰もが知るオオミヤノメ・豊受大神・お稲荷さんであり、高木大神(高皇産霊神)のパートナーであった卑弥呼(天照大神)の重要な部下でした。ここまでは過去の神社めぐりでおおよそ推測がつくのですが、のこる「石凝姥命」「玉屋命」がわかりません。

イシコリドメ - Wikipedia

伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)は日本神話に登場する女神。(略)『日本書紀』では石凝姥命または石凝戸邊命(いしこりとべ)と表記されている。(略)岩戸隠れの際に八咫鏡を作った。

wikiのこの記述を読むかぎり、豊玉彦の嫁であった罔象女神(みずはのめ)と仮定できそうです。

玉祖命 - Wikipedia

別名に玉屋命(たまのやのみこと)、櫛明玉命(くしあかるたまのみこと)、天明玉命(あめのあかるたまのみこと)、天櫛明玉命(あめのくしあかるたまのみこと)、豊玉命(とよたまのみこと)、羽明玉(はかるたま)などがある。
高御魂命の孫とする伝承があり、また天背男命の子で天日鷲命の弟とする系図も存在する。

玉屋命の別名が豊玉命というからには、豊玉彦の子孫と推測してもよさそうです。するとここは、宝満山の玉依姫、つまり崇神天皇の母親を示すのかもしれません。現時点では、これも推測です。

f:id:bifum:20220205141459j:plain

f:id:bifum:20220205141523j:plain
f:id:bifum:20220205141540j:plain

社殿向かって右側に、庚申塔や境内社がまとめられています。

どうやら御神牛像もあるようですが、福岡県神社誌をみるかぎり、境内社に天満宮の記載はありません。ほかの神社を合祀したさいに、持ち込まれたものでしょうか?

f:id:bifum:20220205141640j:plain

福岡県神社誌では3社のはずなのに、4社あります。どうやらどれかが、後日合祀された天満宮のようです。

f:id:bifum:20220205141747j:plain
f:id:bifum:20220205141812j:plain

立派な方位盤に蟇股の彫り物、そして真新しい扁額に大きな絵馬。社殿はコンパクトですが、なかなか立派なものです。

2015年 朝倉市 黒川高木神社おくんち - YouTube

神事の様子は、こちらのyoutubeで紹介されています。

福岡県神社誌:中巻36頁
[社名(御祭神)]高木神社(高皇産霊神、五部大神)
[社格]村社
[住所]朝倉郡高木村大字黒川字宮園
[境内社(御祭神)]須賀神社(素戔嗚命)、稲荷神社(倉稲魂命)、保食神(保食神)
[摂社(御祭神)]記載なし。
[末社(御祭神)]記載なし。
(2022.02.05訪問)