美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

田川郡大任町大行事(小林) 貴船神社


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20210306110015j:plain

f:id:bifum:20210306110145j:plain
f:id:bifum:20210306110210j:plain

大正末期の分村に伴い、氏神として神社を創建したという記述にまず驚きます。

わざわざ一社を創建できるとは、さすが炭鉱景気。

平成になって建て替えられた社殿も新しく、社殿向かって左側の豊受神社もまた、綺麗なものです。

御祭神は、高淤加美神(たかおかみ)、闇淤加美神(くらおかみ)、罔象女神(みずはのめ)と一見脈絡がわかりにくい配神ですが、大正末期の創建なら、これも致し方ない気がします。

以前にもこの日記に書いたことですが、高淤加美神(たかおかみ)・闇淤加美神(くらおかみ)は天之忍穂耳(あめのおしほみみ:英彦山)の両親であり、罔象女神(みずはのめ)は、天之忍穂耳の妃 天細女(あめのうずめ:豊受姫豊受大神)の母ですから、あまり関連はないのです。ほんとうはここに天之忍穂耳(別名の天児屋根命武甕槌神でも)があるとぴったりはまるのですが……。

もしかすると、天之忍穂耳は元々御祭神に存在していたのではないか。

そう考えると、豊受神社が摂社として存在するのも納得できます。

福岡県神社誌:下巻457頁
[社名(御祭神)]貴船神社(高淤加美神闇淤加美神罔象女神
[社格]無格社
[住所]田川郡大任村大字大行事字小林
[境内社(御祭神)]記載なし。
(2021.03.06訪問)