美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

久留米市長門石1丁目 天満神社(天満宮)


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20210111122944j:plain

f:id:bifum:20210111123048j:plain
f:id:bifum:20210111123136j:plain

久留米市長門石町を訪問するのは2020年2月以来です。前回リストアップ漏れの天満宮を訪問しました。

福岡県神社誌では菅公を祀るとされています。

御神橋が地面に掛けられており、ほんらいは池があったのか、またはどこかからこの神社自体を移築したのか……。

久留米ん昔話

上から何んでんプカプカ流れち行く、家でん流れよったろたい。と皆んな立っとる岸さん何かスーッち流れよって来たげな。拾い上げち見っと天満宮さんの御神像げなたい。はー勿体なかちすぐ小まか祠ば造って粗末ならんごつお祀りしたげな。ところがこん御神像は上の方ん長門石の天満宮さんの御神体ぢゃったげな。長門石ぢゃ大水で氏神さんの流れて行かしゃったもんじゃけ、ばさろ心配して探しかかったげな。ばって大隈に流れ着いちゃるち知れち、喜うですぐ貰い受けに来て持って帰ったげな。そりから又一ケ月もせんな大水の出たげな。そして不思議なこつに、又そん御神体の流れてこらしゃったげな。そうたいそん千年の松の処さね。そっで大隈ん者も長門石の者も、此処さねこげん続けち流れて来らっしゃっとは、神様が此処ばよっぽど好いちゃっとぢゃろ。こりゃ此処にお祀りしたが良かろうち考え、正式に長門から大隈さん御神体ば贈って祀るごつなったつげな。

f:id:bifum:20210111202101j:plain

昔話を引用しても、画像の赤丸から赤丸へ御神体が流されていったというのはピンと来ないかもしれません。いまから100年以上前の地図をみれば、筑後川がいかに蛇行した暴れ川であったか判ります。

筑後川の治水事業の歴史−学ぶ・調べる | 国土交通省 九州地方整備局 筑後川河川事務所

f:id:bifum:20210111203748j:plain

福岡県神社誌:下巻419頁
[社名(御祭神)]天満神社(菅原神)
[社格]無格社
[住所]久留米市長門石町大字今村
[境内社(御祭神)]記載なし。
(2021.01.11訪問)