美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

6月14日の日録

睡眠と仕事を優先しているため、とうぶん掲載が遅れ気味になります。ご容赦ください。

超過勤務の出勤調整でお休みです。代休とらせれば、割増賃金分だけで済むということなのでしょう。

土日に日田で神社めぐりをして、どうも体調がおもわしくありません。

両手がしびれるのです。パソコンの入力などに支障はありませんが、自転車のハンドルなどを握ると、あきらかに力がはいりません。

仕方がないため、遠出をあきらめました。

小石原にどんぶりを見に行くことにしました。

f:id:bifum:20210614094206j:plain

途中、「神社めぐり」シリーズをはじめてからは未訪問だった、東峰村鼓地区の高木神社(大行事神社)を訪問しました。

 

f:id:bifum:20210614102151j:plain
f:id:bifum:20210614102305j:plain

その後「道の駅小石原」の展示場と、道をはさんで真向いの共同展示場を眺めます。

料飲店が使うような大鉢・中鉢や、一般的な飯茶碗サイズはいろいろ選べるのですが、なかなかどんぶりサイズのよいものがありません。

f:id:bifum:20210614115602j:plain

結局、どんぶりというには少々浅めのものと、同系統の漬物皿を買い求めました。約3,000円でした。

f:id:bifum:20210614121439j:plain

もやしとねぎとちゃんぽん麺で、さっそく焼きちゃんぽんをつくってみました。