美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

朝倉郡筑前町久光 阿弥陀堂


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20201212094045j:plain

f:id:bifum:20201212094059j:plain
f:id:bifum:20201212094204j:plain

027 阿弥陀が峰の古だぬき 三輪

集落の中央には、阿弥陀如来堂が建っていた。祭壇には、金箔を施した阿弥陀如来さまが鎮座されておられる。
表の説明板には、「ここには古狸の人身御供(ひとみごくう)の伝説がある」と書いてあった。
(略)
案内してくれた役場の人は、よくぞこんな小さなお堂を訪ねてくれたと喜び、自慢そうに、「明治期、この仏像が国宝の指定に値するかどうか論議された折、像に施された必要以上の金箔が災いして選から漏れた」話をたらたら。

目配山登山の途中で気になり訪問した阿弥陀堂です。この阿弥陀堂にまつわる言い伝えについては、上記のホームページを参照していただきたいと思います。

どちらかというと気になるのは、かえるまたの下に彫られた花菱紋です。

元は伝教大師作の仏像があったということから、ここは天台宗?そこに花菱紋?どうもよくわかりません。

(2020.12.12訪問)