美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

5月23日の日録

今日は休日でした。

休業中の個人事務所の用事があり、小倉に出る前に田川郡大任町今任原地区で神社めぐりをしました。

f:id:bifum:20210523175235p:plain

今回は、全体で90分ほど、7kmの行程でした。

f:id:bifum:20210523072750j:plain
f:id:bifum:20210523072925j:plain

大任町(道の駅おおとう桜街道)

7時半ごろに「道の駅おおとう桜街道」の駐車場に到着し、折りたたみ自転車を組み立てます。

当初予定していたよりも時間を食ってしまい、ほんらいの予定に間に合わなくなってきたので、7社目で訪問を打ち切り、道の駅の駐車場に戻りました。

f:id:bifum:20210523083646j:plain
f:id:bifum:20210523083816j:plain

いつもどおり「神社めぐり」シリーズで細かい点は書きたいと思うのですが、一点だけ驚いた点を紹介すると、なんと神社の案内板に「孳尾」という単語が使われていました。人間でいえば性交とかセックスのことなのですが、どちらかと言えば語感として「交尾」に近く、この単語を神々に使うかと目が点になりました。

f:id:bifum:20210523180421j:plain
f:id:bifum:20210523180443j:plain

字通

字通 - 平凡社

帰宅して白川静さんの「字通」を調べると、やっぱり「鳥獣がつるむ」「鳥の交接」とあり、まるで欲求のおもむくままセックスしたと言わんばかりの表現になってしまいます。もう少し言葉の選びようがあると思うのですが、この単語を選択したこと自体に、意味があるのかもしれず、悩むところです。

 

f:id:bifum:20210523104241j:plain

厚切りトンテキ定食(シャリアピンソース)|メニュー|松屋

鉄板でじっくりと焼くことで、柔らかジューシーに仕上げた厚切りの豚肩ロースと、あめ色になるまで煮詰めたたまねぎとにんにくの旨味が凝縮されたシャリアピンソースの究極タッグ!

小倉に到着して1件目の用事をすませ、朝食+昼食として、松屋のトンテキ定食をいただきました。インターネットでは「トンテキが薄くなった」という話もありましたが、シャリアピンソースの味わいがよく、絡み具合をかんがえればこのくらいの厚さでちょうどよいかもしれません。いつまでいただけるかはわかりませんが、次もまた注文すると思います。

 

f:id:bifum:20210523112110j:plain
f:id:bifum:20210523165115j:plain

モンベル | オンラインショップ | ゴータブ S 3PACKS

その後、モンベル小倉店をのぞき、出かける際に薬を小分けにしておく容器を買い求めました。以前から見かけるたびに便利そうだとは思っていたのですが、小さいサイズが見当たらず、今回発見して即買いです。

 

f:id:bifum:20210523112342j:plain

モンベルを出て、日ごろお世話になっている事業所に顔を出す途中、リバーウォークと小倉城のあいだのお堀で、お子さんが食パンをちぎって堀に放り込んでいました。

鯉がじゃんじゃん集まってきて、少々おそろしいほどです。

いっぱいいるなとは思っていましたが、こんなに泳いでいたのですね……。