美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

4月21日の日録

現在、以下の2公演を聴きに行きたいと考えています。

フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2021洗足学園音楽大学|フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2021

2021.7.30(金)18:30開演(17:30開場)
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール
指揮:秋山和慶洗足学園音楽大学芸術監督)
バレエ:谷桃子バレエ団、東京シティ・バレエ団、牧阿佐美バレヱ団、洗足学園音楽大学バレエコース学生
管弦楽洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団
グラズノフバレエ音楽「ライモンダ」から
ボロディン:歌劇「イーゴリ公」から
ドリーブ:バレエ音楽コッペリア」から

中部フィルハーモニー交響楽団創立20周年記念コンサート | 中部フィルハーモニー交響楽団

中部フィルハーモニー交響楽団創立20周年記念コンサート
2021年8月7日(土)
14:30開演
13:30開場
愛知県芸術劇場コンサートホール
指揮/秋山 和慶
ヴァイオリン/竹澤 恭子
オルガン/都築由理江
プログラム
ショスタコーヴィチ:祝典序曲 作品96
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35
サン=サーンス交響曲第3番ハ短調 作品78「オルガン付き」

当然ながら交通機関の予約をしないといけないのですが、7月30日はオリンピック期間中ということもあり、全日空のホームページを確認すると笑いが出るくらい、高いです。ここ最近、GOTOをはじめとするキャンペーン特価や閑散期価格に慣れすぎていたせいか、往復航空券+宿泊で7万?という金額にクラクラします。

いろいろ考えてみると、途中まで夜行バスを利用して、新幹線に乗り換えたりするしか、手はないようです。オリンピックか……。

8月のほうは前後の日程次第で余裕があるのですが。こちらもけっこうシビアに考えないといけないかもしれません。ほぼ、聴いたら帰るくらいの旅程になりそうです。

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00JO61C5S/ref=atv_dp_share_cu_r

ゴジラ (1954年の映画) - Wikipedia

ある年の8月13日19時5分に小笠原諸島近海の北緯24度東経141度2分[注釈 4]付近において南海汽船所属の貨物船「栄光丸」が突然SOSを発信して消息を絶ち、それを受けて現場に急行した同社所属の貨物船「備後丸」も同じ地点で消息不明になる。その後、大戸島[注釈 5]の漁船が生存者3名を救助したとの知らせが入るが、その漁船もまた消息を絶つ。やがて漁師の山田政治が大戸島の砂浜に漂着し、「やられただ...船ぐるみ」と言い残して意識を失う。島へ取材に来た毎朝新聞記者の萩原からインタビューを受けた政治は「確かに大きな生き物だった。不漁なのもその生き物が海の中で暴れているせいだ」と語り、島の老漁師[注釈 6]は、一連の事態は大戸島に古くから伝わる海の怪物「呉爾羅(ゴジラ)」の仕業であり、ゴジラは海のものを食い尽くすと陸に上がってきて人間さえも食らうため、昔は若い娘を生贄にして遠い沖へ流すことでゴジラを鎮めていたと言う。その夜、暴風雨の中を何かが重い足音を響かせて島に上陸し、家屋を次々と破壊して住民や家畜を殺戮する。

いまさら言うまでもない名作を、amazonプライムビデオで視聴しました。

久しぶりに視て「シン・ゴジラ」よりこっちのほうが恐怖映画として出来ているのに驚きました。反核映画であり戦争映画なんですね。しかし、菅井きんさん演じる女性代議士の元気のよいこと、河内桃子さんがえらく背が高い(男優さんのほうが目線が低い)のにも、いまさらながら気づきました。これ以降、どんどんゴジラは化け物となっていくわけで、初代の泥臭さが、妙にリアルでもあります。

シン・ゴジラ」のゴジラなんて、イージス艦なみに無人偵察機を複数、レーザーで狙撃しますからね。どんだけ脳みそが詰まってるんだか(笑)