美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

4月15日の日録

f:id:bifum:20210413181747j:plain
f:id:bifum:20210413181757j:plain

ここ数年めっきり袖を通すことすらなくなりましたが、いちおう三つ揃えを2着持っております。いわゆる略礼服として持っているものです。

先日採寸したお店に送り、ベストの張り替えを頼むことにしました。

画像は、事前にお店のほうに服地の状況を伝えるために撮影したものです。着用後、どれくらいベストがきついかを示したものは、恥ずかしいのでここには掲載しません。

背広のタグをみると、2003年と2005年とあり、最低でも15年前のものだとわかります。年に何度も引っ張り出しませんから、痛みはほとんどありません。

 画像の2着のほか、2006年につくったコート地のジャケットも一緒に段ボールに詰めました。

クロネコの伝票を印刷して貼りつけ、コンビニに持ち込みます。

大阪は翌日配送地域ではあるものの、店休日などを考慮して、月曜午前中着と指定しました。

どういう返事があるでしょうか。楽しみです。