美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

朝比奈さんのブラームス全集が再発売決定

tower.jp朝比奈隆/ブラームス:交響曲全集(1994-1995)、シューマン:交響曲第3番「ライン」+リハーサル付き<タワーレコード限定>

f:id:bifum:20210324202204j:plain

1995年に発売された大フィルとの「ブラームス交響曲全集」が再発売されることになりました。画像は、現在所有しているものです。

〈タワレコ限定・高音質〉朝比奈隆&大阪フィル/ブラームス:交響曲全集、シューマン「ライン」(SACDハイブリッド) - TOWER RECORDS ONLINE

この録音は、朝比奈が87歳時にライヴのチクルスとして収録されたもので、4つある全集録音の中では一番評価の高い演奏と言われています。ベートーヴェン録音と比較して数は少ないものの、充実した時期の録音ということもあり、溌溂とした響きが特徴の名演です。江崎友淑氏による最新のマスタリングをあらためておこなった上で、パッケージとしての完成形を目指しました。今回、シリアル・ナンバー付700セット限定で復刻いたします。尚、2021年は没後20年企画として別の作品も随時最新で復刻を行っていく予定です。ご期待ください。

初出時の解説を寄稿している宇野功芳さんが交響曲第1番を絶賛していたので、当時買い求めたのを覚えています。実際に4曲聴いてみて、いちばん感銘をうけたのは、3番と4番でした。このCDで、3番と4番のすごさに気づいたといっても過言ではありません。それがなんと最新リマスタリングで再発売されます。

ベートーヴェンブラームスとくれば、ポニーキャニオン原盤なら、次はマーラーの復活・3番・大地の歌あたりでしょうか?そしてなんといっても、ブルックナー全集もあります。次はなにが復刻されるか、期待したいところです。