美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

久留米市草野町吉木 明日荒神社


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200726121134j:plain

三井郡草野町大字吉木で福岡県神社誌を検索しても、該当する神社がありません。

荒神さまと言っても、スサノオを充てる例も、大己貴(大国主)を充てる例も、金山彦(加具土命)を充てる例もあり、どうもよくわかりません。ただ、手足の痛みに効くとされ、戦前は流行神(はやりがみ)であったとのこと。

上記のゼンリンの地図をみればわかるように、神社に向かう道は2つあります。ただ、どちらも恐らくは私道のようなのです。片方は、駐車場の一部となっていましたし、もう片方は、なんと墓地を横切らないと神社にたどり着きません。そのうえ、猪が地面を掘った跡だらけ……。自転車を押すのもやっとです。

「荒」の字が入っているので荒神だろうと見当をつけて、この文章を途中まで書きましたが、じつは境内に御神牛の石像があるのです。もしかすると、菅公を祀っているのかもしれません。

境内に、創建100年の記念碑があるところをみると、おそらくは江戸時代に出来た神社で、けっして古いものではないと思われるのですが……。

じつは、同じ久留米市草野町吉木の若宮八幡宮に「太郎社」という摂社があることになっています。ところが、その神社を境内で発見できません。もしこの明日荒神社が「太郎社」であれば、「太郎左近」という菅公のお抱え医師を祀る神社であり、御神牛像があるのも、戦前は手足の痛みが消えると信仰があったのも、謎が解けるのですが……。名前が違う以上、こじつけは難しいか……。ちなみに太郎左近社の本社は、九州国立博物館の近くにあります。

----------------------------------------
福岡県神社誌:記載なし(発見できず?)
[社名(御祭神)]?
[社格]?
[住所]?
[境内社(御祭神)]記載なし。
----------------------------------------
(2020.07.26訪問)