美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

田川郡川崎町安眞木 須佐神社


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200614140932j:plain

いわゆる祇園様で、まるで寺のようなつくりですが、元々祇園様は牛頭天王としてスサノオを祀る寺ですから、これはむしろわかりやすいものです。
神輿庫が立派で、さぞ立派なお神輿が納められているのでしょう。
現在のように医療は発達していませんから、どうしても病気快癒は神頼みになりがちでした。神社やお寺をめぐっていると、疫病退散・病気平癒祈願を目的とした社寺の勧請が多いことに、すぐ気づきます。
大きな町(集落)に、大きな祇園社須佐神社須賀神社・天疫神社)があるのは、お約束といってもよい状況でした。逆に言えば、祇園社の規模をみれば、江戸時代のその町の規模がある程度わかります。
むろん、立ち退きや区画整理の対象になり、過去の規模を維持できていない祇園社も多数あります。いついかなるときも参考にできるわけではありませんが、過去の隆盛ぶりをみる尺度としては、そこそこ有効です。

徒歩圏内に小学校・郵便局・農協支所があるところをみれば、昭和12年(1937年)に川崎町と合併する前の安眞木村の中心部だったろうことは、容易に推測できます。

----------------------------------------
福岡県神社誌:下巻454頁
[社名(御祭神)]須佐神社大山祇命素盞嗚命猿田彦命
[社格]無格社
[住所]田川郡川崎町大字安真木字下真崎辻
[境内社(御祭神)]記載なし。
----------------------------------------
(2020.06.14訪問)