美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

田川郡添田町中元寺 生目八幡神社(天満宮)


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200614133758j:plain
f:id:bifum:20200614133913j:plain

福岡県神社誌には平景清公を祭神とする生目八幡宮として記載されています。
現地を訪問すると、お堂のなかに神棚が3つあり、それぞれ、生目八幡宮秋葉社天満宮と小さい扁額が置かれています。正面の神棚には天満宮とあり、この日記ではおそらく首座であろう天満宮として取り扱うこととします。
生目八幡宮については、もともと活目入彦五十狭茅尊(いくめいりびこいさちのみこと:垂仁天皇)を八幡神(武神)として祀る神社だったのが、八幡神の称号が応神天皇のものとされたことで変質し、最終的には平景清公信仰と結びついたものだと解釈しています。
おそらく、この生目八幡宮はそのような経緯と無縁でしょう。目の神様として、江戸時代あたりに勧請されたものではないでしょうか。
秋葉社天満宮も、それぞれ防火・疫病退散の神として祀られたものと考えられます。

----------------------------------------
福岡県神社誌:下巻455頁
[社名(御祭神)]生目八幡神社平景清霊)
[社格]無格社
[住所]田川郡添田町大字中元寺字奥迫
[境内社(御祭神)]記載なし。
----------------------------------------
(2020.06.14訪問)