美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

8月22日の日録

【本日の所持金:65,770円】

生活困窮者です。

f:id:bifum:20200822085747j:plain

いつものようにもやしとうどん玉のわびしい朝食をいただきます。

 

  ○

 

f:id:bifum:20200822121322j:plain

所用で久留米に出たので、久留米市大石町地区の神社めぐりを行いました。

まずは「伊勢御祖神社(大石神社)」を訪問しました。ほかにも3社訪問し、この4社については後日「神社めぐり」で取り上げたいと思います。

f:id:bifum:20200822130525j:plain

神社めぐりを終えて帰ろうとすると、ふと月極駐車場の看板が目に留まりました。

どうやらこの駐車場に駐車をすると、持ち主と地主の契約関係がないことを車が悟り、車が自らそれを恥じて自らのタイヤの空気を自発的に抜くようです。

発見次第タイヤを傷つけて社員がパンクさせるのだから「無断駐車はパンクさせます」じゃないと日本語としておかしいのですが、そう書いてしまうといくら無断駐車と言っても他人の所有物を器物損壊することになるため、さも車が主人の悪行を恥じて自らのタイヤを傷つけたかのような書き方にしないとまずいのでしょう。撮影しませんでしたが、現地の新しいほうの看板は「無断駐車は3万円いただきます」なので、普通に意味がつうじます。さすがに誰か指摘したのかもしれません。

こんな看板出しておいて社員じゃない誰かが無断駐車にイタズラしたら、真っ先に器物損壊で疑われますからね……さすがに監視カメラはなさそうでしたし。

 

  ○

 

f:id:bifum:20200822171419p:plain

西鉄甘木線で帰宅する途中、北野駅あたりからすごい雨が降ってきました。気象庁のレーダーを確認すると、なかなかおめにかからない大きな雨雲がかかっています。30分ほどで通り過ぎたのですが、自転車を駐輪場に放置して傘をさして帰宅するわけにもいかず、あいにく雨合羽の準備をしていなかったため、ずぶ濡れで自転車をこいで帰宅しました。

そのかわり、雨がやむとここ最近なかった涼しい夕方になりました。17時時点で室内が26.5度でしたので、冷房なしでしのげます。その点はありがたかったですが……。

f:id:bifum:20200822183240j:plain

町内会の打ち合わせに出る前に、今日ずぶぬれになった靴を洗剤をつけて洗い、タオルで水気を吸ったあと、使い捨てカイロを中に入れて、干します。

基本的に使い捨てカイロは鉄粉が酸化するときの熱を利用していますので、濡れすぎると反応が鈍くなります。熱くなるまで時間がかかりますが、熱くなりはじめたら、すでに水分は蒸発しはじめているということです。どうしても反応が鈍いときは、扇風機で空気を送り込んであげると、酸化反応が早まります。ひと晩あれば乾きますので、便利です。

靴はとにかく早く乾燥させないと、妙な生乾き臭が出てしまいます。

靴乾燥機欲しいんですけどね……。さすがに困窮者には手が出ない……。