美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

久留米市田主丸町殖木 諏訪神社


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200418082323j:plain

長い参道が印象的な神社です。

f:id:bifum:20200418082601j:plain
f:id:bifum:20200418082517j:plain

田主丸植木の歴史

境内に「植木発祥の地」の石碑があります。

f:id:bifum:20200418082834j:plain

f:id:bifum:20200418082855j:plain
f:id:bifum:20200418082939j:plain

境内は思いのほか広く、翼廊の一部と思われる建物が残存しています。どうも長い歴史の中で、様々な付属建築物が失われていったようです。敷地内にある集会所(諏訪公民館)も、おそらく以前は社務所かなにかだったのでしょう。

社殿を見上げると、輪宝紋があります。

諏訪大社上社本宮

御承知のとおり、諏訪大社といえば梶紋であり、大幡主(神皇産霊神)・大国主の一党ならではの「植物」を印とします。ところがここは輪宝紋がついている……。どうやら建御名方(たけみなかた)は明治の神仏分離の際にあてはめたようで、あくまでもほんらいの御祭神は、諏訪大明神普賢菩薩)だったのではないかと思われます。むろん、その背後にある建御名方も意識されてはいるでしょうが……。

最初からここに祭祀があったのではなさそうです。福岡県神社誌に記載があるとおり、万寿年間(1024年~1028年)に竹野荘司末成が創建し、この地に持ち込んだものなのでしょう。

神社を取り巻くように、観音堂など複数のお宮があります。これも、神仏習合時代の名残と思われ、元はいまよりもはるかに立派なお宮だったことが偲ばれるのです。

----------------------------------------
福岡県神社誌:中巻235頁
[社名(御祭神)]諏訪神社建御名方神
[社格]村社
[住所]浮羽郡水分村大字殖木字諏訪内畑
[境内社(御祭神)]印鑰神社(宇多大根命)、木神社(句句廼馳神)
----------------------------------------
(2020.04.18訪問)