美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

朝倉市入地 福成神社


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200315125050j:plain

f:id:bifum:20200315125106j:plain
f:id:bifum:20200315125113j:plain

地元の伝承では、旧朝倉町で最も古い神社とされています。

神功皇后三韓征伐の際、宗像三女神に戦勝祈願をされ、「神の助けによりおおいに福成ぬ」と仰せになったので福成神社という名前がついたと言われているのですが、赤貧が気になったのは、この神社の別名が「印鑰(いんやく)大明神」であるという点です。

久留米市大善寺町夜明 夜明神社 - 美風庵だより

三井郡大刀洗町三川 印鑰神社 - 美風庵だより

柳川市大和町鷹ノ尾 印鑰神社 - 美風庵だより

神社のどこかに玉垂命の一族とおぼしき道首名の痕跡はないか歩き回っていると、本殿に桐紋の痕跡らしきものを見つけました。もしかすると蔦紋かもしれませんが。

f:id:bifum:20200315130553j:plain

背後には、複数の境内社が並んでいます。画像の手前(右側)から、神明社天満宮宮地嶽神社、屋須多神社、鬼松天神社です。神明社の御祭神が天照大神で、鬼松天神社の御祭神は恐らくは大幡主でしょう。宮地嶽は若き日の玉垂命を祀る神社です。

神功皇后三韓征伐伝承のあと、この地を治めたのは玉垂命の一族 道首名だったのかもしれません。ゆえに印鑰大明神という別名があったのではないかと思えるのです。
----------------------------------------
[福岡県神社誌(抄)]中巻33頁
[社名(御祭神)]福成神社(湍津姫命田心姫命、市杵嶋姫命)
[社格]村社
[住所]朝倉郡大福村大字入地字宮ノ本
[境内社(御祭神)]神明社、地主天神社、天満宮宮地嶽神社、屋須多神社
----------------------------------------
(2020.03.15訪問)