美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

久留米市大善寺町中津 天満神社(天満宮・若宮八幡宮)


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200215083727j:plain

f:id:bifum:20200215083820j:plain
f:id:bifum:20200215083830j:plain

ゼンリンには若宮八幡宮とあるのに、現地の鳥居は天満宮です。これはどうしたものかと周囲を探すと、手水舎に扁額がほうり棄てられていました。どうやらこれが大正13年1924年)に合祀された若宮社の残骸のようです。

若宮社と言えば、ずっと仁徳天皇をまず充てるものと考えてきましたが、この場合はどうでしょうか。

まず、歩いて10分ほどの安武町住吉に初代住吉大明神 鵜葺草葺不合命(うがやふきあえず)を祀る天満宮があり、その若宮は実子の安曇磯良となります。

また、近くに大善寺玉垂宮があることを考えれば、玉垂命と神功皇后の子である仁徳天皇(ほんらいの若宮)とも、玉垂命が別の女との間にもうけた坂本命とも考えられるのです。

どれが正解なのか、現時点では保留とさせていただきます。

----------------------------------------
[福岡県神社誌(抄)]下巻24頁
[社名(御祭神)]天満神社(菅原神、仁徳天皇
[社格]村社
[住所]三潴郡大善寺町大字中津字屋敷
[境内社]記載なし。
----------------------------------------
(2020.02.15訪問)