美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

小郡市松崎 月姫大明神 再訪


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

f:id:bifum:20200201124457j:plain

f:id:bifum:20200201124233j:plain
f:id:bifum:20200201124310j:plain

小郡市松崎 月姫大明神 - 美風庵だより

前回、2019年8月に訪問したときは、月姫が何を指すのかよく理解していなかったのですが、おそらくは天細女(あめのうずめ)、つまり豊受姫の別名ではないかと考えるようになりました。

大山祗の別名が月読命であり、その娘が罔象女神(みずはのめ)で、罔象女神の子が天細女(あめのうずめ)という関係をみれば、まさに月神月姫なのです。

 

となると、ここにあるのは神宮で言えば外宮ともいえるわけで、この周囲のどこかに、内宮に相当するお宮が存在するのかもしれませんし、もしかすると、荒れ放題の一軒家に、内宮に見立てた祭祀があったのかもしれません。

年末に除草作業が行われたのでしょうか、8月のときと違い、建物に近づくことができました。「御用のかたは**宅へご連絡ください」といった張り紙があるところをみると、どうやらここは神社ではなく、個人の邸内社か新宗教のたぐいなのかもしれません。

ただ、一点この解釈で行くなら気になる点があります。蔦紋です。事代主(えびすさま)が豊玉姫から受け継いだ紋章であり、さらに遡ると海神 豊玉彦にたどり着きます。この系譜と天細女(あめのうずめ)の系譜が交わる接点は、そうとう後代になってしまうのです。

蔦紋をつけたお稲荷さんをどう解釈するか。まだまだ考えないといけないようです。

それにしても、荒れ放題ではあっても、高校や保育所のすぐ近くに、こんな濃厚な信仰があるとは……。底知れぬ古い町です。

----------------------------------------
[福岡県神社誌(抄)] 記載なし(発見できず?)
[社名(御祭神)]?
[社格]?
[住所]?
[境内社(御祭神)]記載なし。
----------------------------------------
(2019.08.10訪問/2020.02.01再訪)