美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

3月31日の日録

f:id:bifum:20200331052513j:plain

今日は31日でどうせ帰りが遅くなるため、少し早めに起きて字のけいこをする。

志村けんの訃報もショックだったが、それをうけての政治家のコメントが「最後の功績」だの「身をもって教えてくれた」だのとあいかわらずなにか目立つことを言おう、変わったことを言おうとするばかりで、人間としてドン引きできる水準なのにもショックをうけた。べつに死にたくて死んだわけじゃないわけで、それは功績とは呼ばない。誰も自ら教材になろうとして死んだわけではないから、教えてくれるもへったくれもない。事故で殉死されたかたに向かって言う言葉を、へらっと病死のかたに使うからおかしくなる。