美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

12月30日の日録

30日は、午後から小倉で納会(酒飲み)をすることになっていました。思案した結果、はやめに家を出て、酒飲みの前に少しばかりうろついてみることにしました。

f:id:bifum:20191230102823j:plain
f:id:bifum:20191230103007j:plain

まず、和布刈神社を訪問しました。8月以来です。和布刈神社については以前にもいろいろ書かせていただきましたが、今回訪問してあらためて感じたのは、この神社はもともと磐座(巨石)信仰の場ではなかったのか、ということです。

f:id:bifum:20191230103532j:plain

関門トンネル人道口まで、和布刈神社から2,3分ほどで到着します。対岸の下関側まで800mほどの距離で、関門海峡の狭さをあらためて感じます。

f:id:bifum:20191230113151j:plain

毎度ながら忌宮神社におまいりしました。本当は年が明けてから新しい神棚の御札をいただくように考えていたのですが、30日に忌宮神社と荒熊稲荷神社の神棚の御札をいただきました。前回御札をいただいたのが、2019年1月6日なので、ちょうどよいといえば、ちょうどよいのですが……。

www.aardman-jp.comひつじのショーン」の映画を鑑賞してから、納会に参加しました。感想はこれから書きます。前回も素晴らしかったのですが、今回もなかなかのものでした。

帰宅して、夜食にチキンラーメンを食いながら、28日と30日の神社めぐりの内容をまとめます。28日は、ぜんぶで17社も訪問したため、なかなか骨が折れます。