美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

薫主堂「薫主」

goo.glf:id:bifum:20191007202301j:plain

薫主堂さんで最も高級なお線香です。開封すると、まるで練香を思わせる香りがします。火をつけると、沈香がしっかりと主張しはじめます。沈香の脇をシナモンや白檀、丁子がかためているため、沈香がトップノートで主張しつつ、その基層に練香のような香りが漂います。

古典的な香りなのですが、沈香が際立っているせいか、明るさがあります。むろん、日本香堂の伽羅大観や沈香寿山のようなケミカルの力も借りた明るさにはほど遠いものですが、香りの基調は近いものを感じます。

それにしても、驚くべきは品質と値段が釣り合っていないことです。有名どころでも、もっと沈香をけちって価格は上なんて商売してますからね……KK堂とは申しませんが。