美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

法人税の申告

www.eltax.lta.go.jpお問い合わせが多いご質問について | eLTAX 地方税ポータルシステム

休業中の個人事務所は9月末決算です。

10月2日、昼からお休みをいただいて通帳を記帳に行き、帳簿をつけて決算関係の書類を作成し、地方税共通納税システムから、県民税と市民税の均等割りを納付しました。

納付書が到着するのを待たずにさっさと申告から納付まで一気に終わらせてしまえるため、便利です。その間、マイナンバーカードずっとカードリーダーに挿しっぱなしで根詰めて作業を行う必要がありますが。

ただ、eLTaxのソフトのバージョンアップで引っかかったり、妙に前回のおぼろげな記憶でやろうとするとひっかかる穴も多く、1年に1回しか触らないものをあんまりいじくり倒しまくって欲しくないなぁ……。とも思うのです。

おそらくこのシステムを利用するひとのほとんどが、税理士さんでしょうから、毎日誰かの申告をしている税理士さん達には、細かいバージョンアップや視認性の向上はうれしいのでしょうが。

しかし。

f:id:bifum:20191002173231p:plain
f:id:bifum:20191002173442p:plain

儲かってないのに均等割りは払うわけで、つらいですね。貧乏ってどうしてこうもつらいのでしょうか。あわせて71,000円ですか……。