美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

ブルータスお前もか!

f:id:bifum:20190929085826j:plain

自転車泥棒に遭って以降、出費だらけで火の車な赤貧(せきひん)です。
町内会の資料作成ついでに、老人会の旅行のレジメのワープロ打ちを頼まれていました。

9月29日の朝、入力してプリンタで出力しようとしたところ、紙詰まりで動きません。

コンセントを抜いてひっくり返し、2,3回本体を叩いたところなんとか紙詰まりがとれ印刷できたのですが、まさかプリンタまでいかれはじめるとは思いもよらず、暗鬱たる気分です。

キャノンのip100は、2009年2月に購入したものです。なぜ覚えているかというと、引っ越した翌年に町内会の隣組長(班長)がまわってきたため、自宅にインクジェットプリンタがひとつ必要だということになり、あわてて購入したからです。つまり10年選手なわけで、もとは取れているとは思います。

ある程度まとまった枚数のときは、コンビニのマルチコピー機でPDFプリントを行い、立て替え払いして、レシートを受領します。レシートを月単位でまとめて提出し、町内会費の需用費から立て替え分を受け取るので、このプリンタを使うことはまれになりました。

しかし、1,2枚のときにいちいちコンビニまで行くのは面倒です。

とうとうプリンタまで……。ブルータス、お前もか!という気分です。

しかし、買いなおすとしても、プリンタの設置スペースは、横50cm、奥行25cmですので、機種が限られます。

cweb.canon.jp

jp.ext.hp.comじつのところ、あまり選択肢はないのですよね……。つらいなぁ。