美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

お掃除ロボットのお手入れ

ロボット掃除機その後 - 美風庵だより

f:id:bifum:20190915233959j:plain
f:id:bifum:20190915164601j:plain

f:id:bifum:20190915165012j:plain赤貧です。

ロボット掃除機のブラシ交換をしました。

新型が出たのですが、性能がUPしたぶん、値段も思い切りUP(なんと3倍)しているため、現時点でまだamazonの評価が書き込みされていません。実際のところはそれなりに売れているとは思いますが……。

amazonの評価を見ていると、使いはじめてしばらく経ってから、壁にゴツゴツ当たるようになった(センサーが馬鹿になった)というものが多いのが気になります。

このロボット掃除機の場合、画像の赤色の〇に、センサーがついています。

黄色の〇が、充電器との接点です。この合計5か所を湿らせたタオルなどでよく拭きます。

そして、バンパー部もその下にはセンサーがあるため、よく拭いておきます。

これだけで、あちこち壁にぶち当たるのが少なくなります。

今のところ、3,4日に一回、ダストボックスを引っ張り出して、掃除機でごみを吸い取るくらいのペースです。

思った以上に、髪の毛やほこりが散らかっています。自分でもびっくりするほどです。
 
ごみを吸い取るついでにきちんとセンサー部を掃除すれば、使い心地そのものは問題ないのですが、純正交換部品がときおりamazonから消えることがあるのが難点でしょうか。ankerdirectというメーカーの直販部門ではなく、中国人が経営する代理店?からしか出品がないことも多く、あるときに買いだめておく必要があります。

不満があるとすればそのくらいでしょうか。たしかに、高い製品のような進入禁止エリアの設定ができたりすると便利なのでしょうけれどね……。まぁ、客も居ない孤独なおっさんの独り暮らしですから、あまり贅沢することでもないのでしょうが。

(2019.09.15記述)